自然の中へ、そして心の中へ!


魂よ蘇れ サンカ(山窩)への想い


なぜかとてもサンカと呼ばれていた人々に、またその生き方に惹かれています。
サンカと呼ばれていた人々が、終戦後しばらくまでは
少数ながら(それでも万単位で?)、 この日本に存在していたということを、
いつ頃に知ったかは記憶にはないのですが、 知るべくして知ったとでもいうのか、
今ではその存在が身体の一部のような気さえしています。
特に意識して関心を持ち始めたのは、都会から山奥の渓流へ来て、
しばらくテント生活を経験してからではなかったかと思います。
渓流のせせらぎやカジカの鳴声の中、 焚火を囲み、 眠りにつくといった生活が、
遺伝子の中に刻まれていた、かつて同じような生活を送っていた記憶を
蘇えらせたのかも知れません。



サンカを通してこの国の歴史や差別、さらに生き方を考えてみました.











6558939 2403695