過去のKumanolifeGuestbook

[過去ログ インデックス]  [KumanolifeGuestbookへ戻る]

2005年05月01日(日)17時55分までのKumanolifeGuestbookへの書き込みです。


ヨーカン - 2005/05/01(日) 17:07<

樹は語る

   ラジオ聞いてまして ”うーん”言わされました
70才代の現役教授が自然を甦らせようと、今も山に木を植えに行ってるそうです
急斜面に色んな種類の苗木を競わせるように植えるそうです
その場所〃によって合う木は異なり、人間の知恵よりも自然に任せるほうが良いからと言われました
鎮守の森には いろんな種類の木が生えていて最も適合したものが大きく育って古木で残っていますね

「樹を育てるための自然の力は まだ残っている!」とも言われてました
この言葉 言い換えたら まだ間にあいますやろか?
山河 湖 海 生物 そして 人間!
 
 昨年の台風のあとの山の斜面は、杉の倒木と地肌が剥き出しになってます
雨が降るたびに土砂が海に流れ込んで、生態系が壊れていきますね
自然林も倒木は沢山ありますが、それまでに力を蓄えていた若樹が大きくなろうとしてるのが解ります
 大自然の見事なまでの美しい調和を壊すのは もういい加減にやめよう!生きてるだけで充分に幸せや
  子や孫に いいわけ できへん!
大自然を怖れ敬い、恵みを少し分けていただいて暮らした先人達がいた
その後ろ姿に 頭下げて学ぼう 

このセンセいってました「私 この生活を続けていたら 90歳までは 山に行けます!」
    先生”ご教授有難うございました”

ツトッコ - 2005/04/29(金) 06:40<

平家伝説

確か半村良さんの『平家伝説』て小説が銭湯の経営者が石川県の出身が多いのと、平家の財宝の伝説を絡めたのものを題材にした小説だった気がします。

ya(・ε^)na - 2005/04/28(木) 23:23<

湯屋追伸・・

豊中の私の近所のお風呂屋さんはバリ師さんやヨーカンさんのご当地!!
 播州播磨のお人が多いですよう
  だいぶん銭湯もすくのうなりましたが、全盛期には7・8軒は上原さんでした
    ちなみにこの銭湯ですよゥ・・池のあったのわ・へへへ

ya(・ε^)na - 2005/04/28(木) 23:15<

湯屋

おりょうさん、そないゆたら・・・んんんん
なんや、聞いたことおますよう・・
  なんでも石川出身のお人が風呂や始めましたところ
これがえらいあたったんやそうです・
  ほんでもって、みんなを呼び寄せて風呂やはじめたんやそうです
特に、石川のおなごは、よお働いたそうで嫁さんを郷里から迎えたのが
  その理由やなかったかとおもいますよぅ・
 昔の北陸はほんまに貧しかったそうですよぅ・・
これと同じパターンに、大阪豊中の牛乳屋さんに村上さんがおおいんですよぅ
  さてなんででしょうかぁ・・・??

こうへい - 2005/04/28(木) 15:44<

湯屋

大阪高麗橋の会社の二階で住んでた頃、はじめて銭湯ちゅうものに行きました。
会社の周りは証券会社が多く、5時を過ぎると、ひとが居なくなり、夜になると静かで、
お寺の鐘の音が響き渡り、さながらド田舎のようでした。
いつも、同じ所で間違うチャルメラの音がいつものように聞こえていました。
銭湯は遠く、会社の自転車で行ってました。
フルーツ牛乳なんか、飲んだような・・
帰ってくる頃には、冷え切って・・・(^o^)

昔、八丁堀なんかが、女風呂に入ってるのをテレビで見ますが、女風呂の一番風呂なんでしょうか?
床屋、湯屋は、情報交換の場所って言いますねえ。

おりょう - 2005/04/28(木) 14:51<

湯屋

全国のお風呂屋さんの故郷は金沢、新潟だそうですが、なんででしょうか?やなさんしりませんか?

東京の古い風呂屋の建物はりっぱでどこも門構えなど似てますが、風呂屋建築専門の会社があったのでしょうか?

江戸時代の正月の湯屋は年期奉公人の遊山場のごとしで、日暮れから年期者が浴しにきて、その騒がしさ
は半町四方に響き渡り「騒がしきこと無之よう」の張り紙など読む者もなく湯屋は一つの騒ぎ場のごとしで・・・・日本人は昔から風呂好きなんですね。

ヨーカン - 2005/04/28(木) 11:11<

こんなんするのは

 ヤナさんだけやろ”
もっと 吐いてしもて らくに なりなさい!
風呂で蛙およがせたり 
遠足の日に 女先生が入ったの見て 汲み取り口から肥桶で受けて 
校長センセに笑いこらえてオコラれて
気がついたら みんな行ってしもてて 校長先生とワルガキ3人で 貝取りしたんでしょ!

拘る事では ないのですが
 相対性理論(????)とテンノーはん? どうも・・あきまへん
 サトーゆう人とノーベル賞以上に 違和感ありますねんけども
   縄文と未来なら わかるような気が・

私は ここがあかんのやねぇ ”感覚で考える”ゆうのが
皆神さんやクズシリさんのように  キチッと 調べて 実証して積み上げて考える
                        にがてなんです




ヤゾー - 2005/04/28(木) 08:40<

千葉勝浦

みなさん おはようございます。

昨日 蜜柑さんに千葉勝浦へ船釣りに連れて行って貰いました。
どこか紀州の勝浦に似ているような気がしました。
近くに夷隅という地名がありました。

おりょうさんが書くと 説得力があります。
耳だけの方が 集中力があるのかも知れませんね。

いちご麦さん いつも貴重な情報ありがとうございます。
ぼくも いかにもアインシュタインが言いそうな言葉だと思っていたのですが
本当のところは もっと資料が出てこないと分からないのかも知れませんね。

ヤナさん むかしのガキはアホなことをして大きくなったのでしょうね。
阿佐ヶ谷の銭湯は ペンキが剥がれかけた富士山の絵でした。

ya(・ε^)na - 2005/04/27(水) 00:03<

銭湯・・

銭湯で思い出しましたがな・・
 子供の頃、近くの銭湯に池がおまして・・鯉やフナが泳いでいました
悪ガキどもと、釣り竿の穂先に矢引きのテグスと釣りバリにミミズをセット・・
  番台から死角になってましたのでこそこそ釣りしてましたが
 でっかい鯉がかかりまして・・大騒ぎ!!終いに池にはまってさあ大変!!
  ズルズルのどろどろ・からだで鯉掴みましたから、えらい生臭い!!
  えらい番台のおっちゃんにおこられました・・
    そのあと、湯船で大騒ぎ・・
  誰かがフナを一匹隠して持ってきました
  内緒で湯船に放しました・・・
      わるがきは、とんで帰りました・・はっははは

  「おかあさん!・・
    あのときのフナ!!・・・
       どこにいったんでしょぅ・・

             ほらあのときの・・あのフナですがな・・」

いちご麦 - 2005/04/26(火) 23:28<

アインシュタインの言葉

1922年、来日時に残した言葉と きいていますが。
下記のサイトなど読むと、素直にそう取れるのですが。

アインシュタインと日本
http://shupla.w-jp.net/datas/einstein.html

http://members.jcom.home.ne.jp/ochozt-t/ikihtm/EinsteinJpn.htm


スタイン博士の言葉は、次のように載っていました。

『世界は天神垂統の最高貴族たる日本天皇を仰いで王中王と為んといふに一致すべし、日本国已外に統一の天運を有せる国が無いからである、希くば日本の人士は日本固有の文明を発揮すべく西洋文明を以て採ッて装飾の具と為ば足る、決して従前の如く欧化を強ふべきでない。』
http://www.honge-myoushu.or.jp/howa/h13-7.html

おりょう - 2005/04/26(火) 21:31<

盲目の女性

そういえばだいぶん前のことですが、80歳ぐらいの女性で、学校も出ていなくて盲目の旅役者の人がいました。その妹さんも旅役者しているのですが、妹さんが「私は目明きなのに1冊の台本覚えるのも大変だったけど、うちの姉さんは耳から聞いてすぐ覚えるのよね、うちの姉さんは頭がいい」とかいってました。

ヤゾー - 2005/04/25(月) 10:35<

靴下

みなさん おはようございます。
東京に来てから すべての靴下の親指のところが穴開きになってしまいました。
それだけ 歩いているということでしょうか。
それとも 田舎の方が どこへ行くにもクルマなので
普段歩いていないということかも知れません。

アヤタチ様 お答えありたとうございます。

尾張のクズシリさん 文字を持たない知らない人たちの方が 
口伝や伝承により正確に歴史を伝えているようなこともあるのかも知れませんね。

ツトッコさん 毛鉤で蛇を釣ったことがあるんですね。
どこの川も土砂の堆積が進んでいるのは残念なことです。

こうへいさんも石器ナイフを造って バイクに乗ってあちこちの祭りなどを廻ったら面白いでしょうね。
そういう祭りのネットワークがあって いろんな人たちが回遊しているみたいですね。

こうへい - 2005/04/25(月) 09:44<

テキヤとクラフトの行脚

昨日、クラフト展・・・に出店しました。
売り上げ・・4千円
場所代千円
3千円もの黒字(^o^)
おわってから、みんなでキャンプファイヤーの前で、お話を・・
北海道から、九州まで、クラフト展を行脚してる人の多いこと。
まるで、寅さん(^o^)
テキヤと違うところは、自分で作ったものを売ること。

こうへい - 2005/04/24(日) 22:44<

再び断指について・・・

昨日、その道に詳しく、目の前で断指を見たひとに話を聞きました。
健サンが映画でやったような、かっこいいものではなかったそうです。
その人が見たときは、指に刃物をあてがい、他の人が鉄アレイで、思い切りガツンとやるそうです。
こいつは、もうどうしようもない・・っていう人には、親指もやったそうです。
本人は、グッーっとこらえていたそうです。
おーこわ(゜◇゜)ガーン

ツトッコ - 2005/04/24(日) 20:00<

小鳥川

尾張のクズシリさんの「小鳥川」に懐かしさを覚えます。
20年近く前から4,5年前まで、今は飛騨市となった河合村の小鳥川や稲越川に年券を購入するほどよく釣りに出かけました。特に5月下旬のユキシロが収まる前のイブニング時にモンカゲロウのスーパーハッチがあり、でかい毛鉤でワンキャスト、ワンフィッシュに近い状況での入れ食で、尺アマゴや尺岩魚もけっこう釣れました。当時はヤマメだけでなくアマゴも放流してました。蛇の沢山いる川で毛鉤で蛇が釣れたこともあります。特に天生谷はマムシが多いみたいですのでサンカのムシヨケもマムシ捕りに訪れたのでしょうか?そんな小鳥川も年々土砂の堆積が進み、数年前の台風の影響で渓相もまったく変わってしまい最近は訪れていませんが、またいつか訪れたい土地です。

尾張のクズシリ - 2005/04/24(日) 12:13<

「無文字生活」と「記憶力優秀性」

文字の読み書きを知らない方々は、確かに記憶する能力が優れていると、私も思います。

カナダやアラスカ州のイグイット(旧称エスキモー)の方たちは、20年ほど前までは無文字社会でした。

2,3の調査報告書を学んだだけの管見ですが、その記憶力は27年前に現地調査に来た研究者たちの写真を見せただけで、例えば
 「この人は、カツイチ ホンダ。この人はタカミネ フジキ。・・・・等と正確に記憶をしていて、この人はカリブー(鹿)を何頭捕まえた。好きなものは内臓のこの部分だった。家族は4人いた。何日滞在し、いつ帰った・・・」
などなど、後続研究者たちの知らないデーターまでコンピュターの様に覚えていたそうです。後日の帰国後の検証で全てが正解であったそうです。

飛騨の小鳥川上流ダムの水没地区の調査の時のたいけんです。先住者の出来事を聞きますと。5〜7代前の口承伝承を正確に受け継いでおられていました。このときも、話者は全て文盲の方たちでした。この様な方が、まだ多くいましたです。
自分自身、まるで江戸時代の中にタイムスリップしている錯覚になりました。大昔の生活事象の語りでありましたが、発掘してみると、実にそのとうりの遺構が出てきて驚きの連続でした。

記憶力ばかりでなく、文字を知らない生活ですと、視力も3・0など当たり前だそうです。
再度の生まれ変わり出来る人生なら、縄文時代中期を私は望んでいます。

こうへい - 2005/04/23(土) 00:16<

うさちゃんへ

親孝行してきてくださいね(^o^)・・・私文

アヤタチ様 字の読み書き出来ない人は、その分記憶力が鋭いようですね。
ありがとうございました。

ハジメさん、目が治って熊野に来られたらいいですね。
仕事休んで、山小屋に会いに行きます(^o^)

アヤタチ - 2005/04/22(金) 22:10<

サンカ文字を読めた古老の方たち。

永いこと、お待たせいたしました。やっとメーカーからパソコンの修理・部品交換して手元に参りました。今しがた、繋がりました。

設問の「サンカ文字の読めた古老の方々の共有していたコトワケ」記させていただきます。

@この方たち、全てが「文盲のお方」でした。80歳以上の方たちでした。

A文盲率は都会では、限りなく0パーセントですが、田舎に行かれますと、まだまだ高齢なお年寄りの方に出会えます。

Bこれらの古老の方タチと出会えると、特に色々のお話を窺がうように私は心掛けております。

Cその理由は、記憶が大変シッカリトしておられます方が多いです。
ことに年月日、人名、村の事件〜顛末、キタリド(サンカ、乞食などの遊動者など)のことなど、正確に覚えておみえです。

D「サンカ文字」は、象形的な絵文字の一種と思っております。昭和12〜15年頃まで、遊動者的な「フダウリ」や「トベナイ(神官)」の方たちが回村しておりました。私の管見では遠州、三河、美濃、飛騨地方で、文盲の方たちに「絵解きマクリ」などで「御札」の効能を解いてっておりました。

Eその時に、この絵文字を覚えられたようです。「メクラオキョウ」「メクラノリト」なども有りました。今、現品や関連資料を探しております。
 近似した著名なものでは「南部文盲暦」などが知られておりますが、どうやら類似品は中部地域まで分布が観られそうです。

以上の様なことで、正解は「文盲の古老のお方」でした。

本日、掲示板をさかのぼって読ませていただきました。クマノシュウの皆さまの、多彩なご考察を楽しく拝読させていただき、アヤタチは嬉しく思いましたです。

皆神龍太郎さん。さすがですネ!! 大正解です。 但し、本日、私どもの舎弟である、尾張のクズシリさんと久々お話しました・・・・・・・ところ・・・・・
全国区の皆神先生!!・・・・・一昨年尾張のクズシリさんのセブリバ、その後のフクロアライで、この記録資料について共同研究や考察、論議など、なされていたですか??・・・・・
皆神先生は、さすがに幅広いサンカ人脈をお持ちの方ですので、正解者のご褒美はお預けです。

  以上、アヤタチでした。

ヤゾー - 2005/04/22(金) 19:17<

アヤタチ様

みなさん こんばんわ

ハジメさんの目は 弟さんが病院に連れて行っているみたいです。
良くなるのかどうかは分かりませんが
一月後くらいに 蜜柑さんが大家さんに電話して確かめようかと言ってます。

アヤタチ様 そろそろ答えを教えて下さいませ。
ずっと気になっていました。

おりょう - 2005/04/20(水) 23:08<

治療

ハジメさん手遅れなんでしょうか。
蜜柑さんとご一緒にクマノに行って思い出つくれるといいですね。

- 2005/04/20(水) 12:08<

滝廉太郎

大分、日田の古老ならサンカ文字を読める者も居るかもね。

Norton Internet Security
が、いいね。
メールも全てスキャンしてくれる。
PCは安全です。

ヨーカン - 2005/04/20(水) 10:32<

アヤタチ様

まだ PC 調子わるいんでしょうか?
それとも わたしらが イーッ!となるの まって 楽しんでいるのですやろか?
 六人のサンカ文字の読み手の秘密? はよ 教えてほしいな
そういえば クズシリ様も イイ−っとなるまで なかなか 出してくれなんだね
 このイイ−ッ”て感触 楽しいけどね(^0^)

ええ・・[もっと イラつきなさい]ってかいな
                 イイイイイイイイイ!!!!!!!!




あおき - 2005/04/18(月) 18:14<

えー

 そうなんですか はじめさんの目が 
過酷な生活でくたびれたんですね 残念です
東京はまだ寒いですね 今年は冷夏かもしれません

ヨーカン - 2005/04/18(月) 11:22<

アインシュタインの事

なんか シックリこないと 思ってました
皆神さん 納得しました  おおきに!ありがとう
 そうかて・・んんんんN あと変な事書いてしまいそうなんで ・・
             なんせ  納得で〜す (^0^)
ヤゾー兄いが いなかっぺで ホノボノ道中が ええねぇ”
心と心の溶け合いが、わかりますね  人徳や”ゆうたら ええ〜誉めすぎかな


こうへい - 2005/04/18(月) 10:20<

そうなんですか

ハジメさんの目に効く薬、探してあげてくださいませm(__)m

ヤゾー - 2005/04/17(日) 22:11<

ハジメさん

みなさん こんばんわ

こうへいさん 東京に居る二十代の頃から新宿と渋谷は苦手でした。
人酔いするのか 頭がボーとなります。

皆神さん 冗談のような話しですが本当なのでしょうね。
世界の盟主なるものは武力や金力でなく というフレーズが好きなので載せていました。
夢想家なのかも知れません。

今日 蜜柑さんとハジメさんに会いに行ってきました。
残念なことに ハジメさんは目を悪くされ 殆ど見えていない状態でした。
ひとりで外出することができないで とても寂しそうでした。
蜜柑さんと一緒に熊野へ行ってみたいという言葉が悲しく心に響きました。
早く目が良くなることを祈るばかりです。

皆神龍太郎 - 2005/04/17(日) 18:37<

アインシュタインのお言葉

すいません、またお前はそういうことを言うと言われると思いつつ、書かせて頂きます。

精神世界の方々が、よく引用されているアインシュタイン博士のお言葉、

「近世日本の発達史ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的進展、そこには他の国と相違する、何ものかがなくてはならないと思っていた。果せるかな、三千年の歴史がそれであった。世界の文化はアジアに創ってアジアに還り、それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならぬ。天はわれら人類のために、日本という尊い国を造っておいたのである」

ですが、こんなことアインシュタインは言ってないようです。

「よくあちこちで引用されているのに、なぜか精神世界の人しか引用をしていない」
「つねにアインシュタイン博士の言葉とされているのに、いつ、どこで、アインシュタインが公表したのかという、その原典を示している文献をみたことがない」

ということで、常々怪しいと思っていたのですが、最近、この言葉のルーツを探しているという人がいることを知りました。

どうもこの言葉、アインシュタインではなくて、全然別のスタインという博士がおりまして、彼がいった言葉を、アインシュタインだと誰かが勘違いして引用してしまい、あとは孫引きのままに、いかにもアインシュタインが語ったかのように転がって広がっていってしまったもののようです。

山窩研究でも、こういうことのないように、みなさん気をつけましょう!

こうへい - 2005/04/17(日) 08:45<

ヤゾーさん

あちゃー、もと東京人でも迷っちゃうんですか。
いつか、東京にまた行きたいので、寝袋で野宿出来るとこ見つけて来てください(^o^)
ハジメさんとお会いしたときのお話、また聞かせてくださいね。
立ちション、見つからないようにやってくださいませ(^○^)

ヤゾー - 2005/04/16(土) 18:39<

迷子の熊野人

みなさん こんばんわ

色々と飛び回っておりますです。

えべーさん こちらこそ 楽しい時間をありがとうございました。
わざわざ 大阪から参加されたとこのと お疲れさまでした。
主催されているフォーラムにも 熊野に戻りましたら顔を出させて頂きますね。

ヨーカンさん 「鳴けない山鳥の詩」は ほんとうに良い本だと思います。
蜜柑さんが教えてくれた本なのですが
明日 一緒にハジメさんに会いに行ってきます。
アインシュタインのメッセージですが
この国には なにか素晴らしいものが秘められているような気がしていますが
年々 そういうものが無くなりつつあるのかも知れません。

今日 ひとりで新宿へ行ったら迷子になりました。
ビルばかりなので どこを歩いているのか さっぱり分かりませんでした。
途中で おしっこがしたくなり 雑居ビルにでも入ってしようと思いましたが
なかなか適当なビルがなくて焦りました。
田舎なら どこでも立ちションができるのにと
難儀なところじゃ 難儀なところじゃと 独り言を呟きながら歩いていました。
きっと 変な人に見えたに違いありません。

えべー - 2005/04/16(土) 09:38<

サンカOFF 内容

今回は初めての会でした。
皆神さんと“平成のサンカ”中元さんの話を中心にサンカの事をあまりご存知ない方にも解ってもらえるような内容でした。(うそうそ、やっぱり難しかったと、思います。)
基本的には三角寛の著書を全て信じるのも、全て否定するのもおかしなもの。何がおかしくて、何が確実な事なのか検証しましょう。という皆神さんのお話からはじまりました。
起源。文字。いま生活保護を受けてるサンカの末裔。サンカに入った人々。サンカへの差別。太陽信仰だったのか?
組織の実態?小説に書かれてるサンカについての是非論。
などでしょうか。
で、やはり今いらっしゃるサンカの方々からしか、検証はできないのではないか。それすらもしないで、身内の理論の外に出ないというのは考えられない、、、、、、。
次回はお話を伺いに行きましょう。。。。という事で、会はあっと言う間に終電の時間でした。

ヤゾーさん、ありがとうございました。感動しました。。。
ウメガイ持って、竹のこうがい(これも三角寛先生のやらせの小道具!!!)さして、サンカ文字(これも、懐疑的ですよね。)書いたT-シャツ着て歩き、サンカさんに会いたいなあ。。。文字の内容は私の家のすぐそばの「長居公園仲間の会」がいいなあああ。。。。。。

えべー - 2005/04/16(土) 09:19<

サンカOFF会メンバー

メールに質問がありました。
編集をされてるコレコレさん、
現代のサンカに会われて検証を続ける皆神龍太郎さん、
懐疑論者でありながら超常現象を楽しむ、ワカシムさん、
ウンモ星人を愛するペンパルさん、
デザイン事務所をされながら、人と人をつなげちゃう、キャプテンさん、
小学校の頃からサンカの存在をしっていたきけろさん、
よく仕事し、よく遊び、よく、食べよく飲むしーなさん、
まだ、聞きたいですか???
全員で、13人かな?

直接のメールはちょっと、、、ごめんなさいね。。。

ホリバ - 2005/04/15(金) 20:56<

サンカOFF会? どんな会ですか? 

「サンカOFF会」とは、どんな会でしょうか?知りませんでした。お教えください。
フリーライターの方々の「サンカ研究会」という仕事探しの会がありますが、その会の名前が変わったのでしょうか?

ヨーカン - 2005/04/15(金) 12:40<

「鳴けない山鳥の歌」

クマノショッピングのお勧めに ありましたので クズシリさんの考察編と 一緒に 買いました
山鳥は鳴きませんが わたしは涙でボロンボロンに なりました
 やなさん この頃に間違えた軌道修正が有ったみたいですね
便利 派手 銭 物 追いかける生活 ”あかんねん”て あらためて思いました
私みたいなアホタレでも 軌道修正できかけてますよってに、希望はありますわなー?
 学校で サンカ心や熊楠さんの勉強する日が来たら・・・

ヤゾーさん トップページのアインシュタインの言葉「希望は日本に・・」この事なんですやろか?
「大自然に生かされている」の心のことなんですやろか?

「ソニークラーク」聴いてみます 小遣い 使い込んでますので 来月に・・
お返しに 「ダラーブランドのアフリカンピアノ」  いけまっせー 

おりょう - 2005/04/15(金) 10:28<

サンカ文字

アヤタチ様
大変だったんですね。

古老の方がたの共有した「ワケ」
考えましたが、古老の方が6人もサンカ文字が読めたという人数が多いのに、ちよっと以外な気がしました。
もしかしたら、昭和の初期頃に「古史古伝」ブームがあって、その頃の子供たちにも飛び火して、今の
月刊誌「ムー」が取り上げるような世界にはまっていた。
宝島探検などの小説にはまり、暗号文作成ごっこでサンカ文字を覚えた。なーんていうのはどうでしょうか?

こうへい - 2005/04/15(金) 09:01<

ありゃりゃ

ヤゾーさんへの、メール依頼でしたか。
残念残念・・・(^○^)

ya(・ε^)na - 2005/04/15(金) 00:40<

JAZZタイム!!

音量を少し上げて・・へっへへへ
  少しお酒が廻ってますよってに・・JAZZタイムでおますよぅ・・
    今日は・・チェックベッカーのセクシーなボーカル楽しんでおりますです・・
  せや!!ヨーカンさん今度はこんなんどないですぅ
   ソニー・クラークのCOOL STRUTTIN(クール・ストラッティン)
      どこかで聞いたおますよねぇ・・
                 へっへへ

    ヤゾーはどこか遠くの空ながめてはりますよねぇ・・
       そないゆうたら・・・なんですねんけれど
   九州のどこやらの山の中にサンカ文字が書かれた大きな石があるそうです
     何年かに一度その文字を綺麗にしに来るどなたかがおられるそおです・・
 
なんかおますよねぇ・・
 なんなんかは・・んんんんん  わかりませんよねぇ・・
    時代はどんどん進むんやけど・・
       どこかで誰かが軌道修正してくれてるんとちゃうのんやろかぁ

    この軌道修正!!・・
      絶対にこの軌道修正がポイントやとおもいますねんよぅ
       
                      ちゃいますかいねぇ・・ほな

 

ヤゾー - 2005/04/14(木) 21:28<

アヤタチ様

みなさん こんばんわ

アヤタチ様にまで そのような添付メールを送るなんて
嫌がらせをしている人物は 相当な愚か者です。
せっかく 貴重なお話をして下さっているのに 申し訳ない気持ちでいっぱいです。
東京にいる間に 警視庁へ相談に行く予定でいましたので
お手数かも知れませんが できましたら被害届けを出してもらえれば助かります。
ネットには 主に嫉妬からくる嫌がらせは付きものだということと
物語には 主人公を引き立てるための汚れ役を演じる悪人が必要なので
嫌がらせをしている人物が 汚れ役を引き受けていると思ったら
少しは腹も立たないだろうという話を聞いて 寛容に対処してきました。
しかし 実害がここまで及ぶと 毅然とした対応をしなければなりません。
みなさんも 怪しい添付ファイルが送られてきたら
決して開かずに 保存しておいて下さい。

嫌がらせをしても 良いことは何もないと思うのですが
ほんとうに可哀相な人がいるもんです。

アヤタチ - 2005/04/14(木) 20:18<

サンカ文字を読めた古老>>正解、もう少し待ってください。

「kumano //renraku....」という添付ファイルを信用して開けたら、パソコンが壊れてしまいました。すぐに作動がとまり、次には電源が入らない状態です。

メーカーに修復にだしました。ショックで大変困っております。4月18日の月曜日には手元に来るようですが、進行中のデーターがあり心配です。

今、仲間のパソコンから掲示板に、たどり着きました。正解回答もう少し待っていてください。
クマノの皆様。上記のような紛らわしいメールファイルに、くれぐれもお気をつけ下さいませ。

ヨーカン - 2005/04/14(木) 08:21<

ころっと

ねがえって
 やなさんに ヒネクレいわれたら たつせないわ
けども すなおに かんがえて
 6人とも オタカラシュウ 
             これ 正解!
でも ナイショ”の文字で 豊国文字やら 似てるから 読める人は・・んー
                     わからへん 

ya(・ε^)na - 2005/04/14(木) 02:23<

チョットひねくれとるんとちゃいますかあ・・

あはっはは・えらいすんません
  こんなんどないです・・
皆さんが、三角 寛のファンやったり・・
   みんな青年小屋でお友達やったりして・・
        こんなんとちゃいますよねぇ・・

                へっへ    ほな
           

おりょう - 2005/04/13(水) 22:29<

サンカ文字

どさ日記から無断で転載させていただきました。(もう、過去に既出かもしれません)

文字と言語 2001ー1ー15
 ホームレスの人たちを支援するWebページを、検索サイトのLycosで探して読んでいた。「大阪・東住吉区/長居公園・仲間の会HP」というページがあった。そうしたら衝撃的なページが表示された。サンカ文字だ。サンカ文字を書ける人がいたんだ。
 サンカがどのような人たちかは、説明すると長くなるので今回は省く。サンカを知らない人のために、日本列島に暮らすれっきとした日本人である、とだけ書いておこう。
 この画像にはalt文がついていた。Webページを作る人は知っていると思うが、alt文は画像に対するコメント文であり、通常画面には表示されない。表示されないalt文に下記のコメントが書かれていた。
 サンカ文字で長居公園・仲間の会と表記。
 非定住を排する日本国家は支配のご都合と管理しやすい環境づくりを飽くことなく続け、一つの固有の文化・生活形態を古来続けてきた漂泊の民「サンカ」を包囲し、追い詰め、「帰化」・「融和」させていった。
 戸籍支配は定住のみをよしとする、生活形態の画一化を今もって支えており、この国家のあり方、そしてそれを支える個々人が「産業廃棄物」として吐き出した「取り換えられた部品」としての個々人が路上に、公園に、河原に放り出されれば、「身元を明かさない限り」何一つ「住所不定者」には最低限の生きる条件の無い状態を強いる構図となっている。
 かってサンカの民は戸籍支配の前に定住と「融和」を強いられた。当然それは、支配のご都合以上でも以下でもない。 管理されなければ、生きる条件すら奪われる状況はまさに異常である。 …そう、ここは「刑務所列島」。
 このページを作ったのはサンカの人なのか。サンカの人は厳しい排他主義を持っているので、サンカ以外の人にサンカ文字を教えることはないような気がする。(注)
 もうひとつ驚いたことがあった。このページにはいくつか他のページへのリンクが張ってある。そのなかに「大阪‐長居公園・仲間の会HP」というのがある。このページを見ると、エスペラントでも表記されていた。エスペラントは私も少しは知っている言葉だが、こんなところで見るとは。まったく似たような趣味というか行動というか、そういうやつがいるものだと思った。ちょっとぎくっとしたね。

(注) サンカ文字とひらがなの50音を対比させた表がある。しかし、それが妥当なものなのか、サンカ文字は表音文字だけなのかなどについて、私は知らない。

このようにサンカ文字読めたり書いたりする人いるようですね。

古老の方がたの共有した「ワケ」、考えましたけど判りませんでした。

ヨーカンさん
最近、若い人がチンドン屋さん希望者多いそうです。テレビでやってましたよ。


ヤゾー - 2005/04/13(水) 20:35<

花冷え

みなさん こんばんわ

東京は 花冷えのようで 
季節が逆戻りしたように肌寒いです。

住友さん 昨夜の新宿オフ会 とても楽しい時間を過ごせました。
こちらこそ 今後とも よろしくお願い致します。

四季さん 廃校の場所を思い出そうとしているのですが
ちょっと忘れてしまいました。
思い出したら メールしますね。

アヤタチさんの 遠州の古老の方がサンカ文字が読めたという問題ですが
とても興味深い問題なのですが なかなか答えが見付かりません。
すずか@Hさんの答えが 面白いかなと思ったりします。
もう少し 考えさせてみたい気がします。

住友博昭 - 2005/04/13(水) 14:52<

ありがとうございました。

昨日中元さんとお会いでき光栄でした。・・これからもよろしくです。

すずか@H - 2005/04/13(水) 00:05<

さんか文字

通りすがりに、性懲りもなく投稿させてください。

答え 商売で使う「符牒」。

紙屋とか材木屋とか、身内だけに通じる符牒にサンカ文字を流用、
あるいはサンカ文字そのものが・・・。

四季 - 2005/04/12(火) 23:03<

質問です!

はじめまして。こんばんわ。ちょっとお尋ねしますが、2000年11月26日の「熊野ライフ通信」で出てきた廃校は、かつて何という名前の学校だったんですかね?

ヨーカン - 2005/04/12(火) 15:05<

神主さん

また ちがうんかなー? あたったためし ないもんねー
村の氏神さん 代々祭ってきたが もとを辿れば 意外な秘密が・・

皆神龍太郎 - 2005/04/12(火) 13:20<

これが正解だな!

みなさん、違いますね〜〜。

正解は、文盲な方々でしょう!
フィーリングで読めちゃう絵文字ということだと思います。

でもとなると逆に、読めたからと言って、山窩の豊国文字が実際に使われていた証拠にはならなくなっちゃいますけど。

- 2005/04/12(火) 11:56<

サンカ文字読める人

インドのカリンガやベンゲットに住んだことがあれば、サンカ文字が読める可能性がある。

蜜柑 - 2005/04/12(火) 00:26<

サンカ文字の読める理由

答えは簡単です。

「習ったことがあるから」

答えになってないか。

ツトッコ - 2005/04/11(月) 22:19<

サンカ文字読める人

アヤタチさん、こんばんは。
答え:サンカ文字読める理由は旧日本軍に属していたから。サンカ文字が暗号として使われていた。

こうへい - 2005/04/11(月) 21:43<

花冷えですか(^o^)

表で石器作ってると、寒かったです。
石器のナイフは錆びないけど、作ってないと腕が錆びてます(^○^)

こうへい - 2005/04/11(月) 16:40<

サンカ文字の読める理由?

答え:サンカ集団のなかでも、あるレベルより上のヤゾーでした。

こうへい - 2005/04/11(月) 14:33<

アヤタチ 様

お疲れさまです。
アヤタチ 様は、本物のサンカ文字をご存知なんですね。
公開されてる、サンカ文字の表は、本物なんでしょうか?
初歩的な質問ですが、さしつかえなければ教えて下さいませm(__)m

アヤタチ - 2005/04/11(月) 13:00<

サンカ文字を読めた古老いました。

昨日まで4日間、「ポンの会」で静岡方面のサンカの調査〜情報収集に出かけておりました。今、戻って参りました。

不思議です。遠州の古老の方1人。「サンカ文字」で村の名前を書きましたら読めましたです。

美濃地方でも、先月、同じことでテストしたら、2人の古老が読めました。

以前からのデーターと合わせますと、合計6名になりました。

今回、これが問題です。この3人の方、「サンカ文字」読める「理由?」を、共有されていました。

クマノシュウの皆様、この古老の方がたの共有した「ワケ」、お判りになられますか?

   「フミのアヤタチのオビト」>>>「アヤタチ」に、改名しました。

ヨーカン - 2005/04/11(月) 12:42<

黄色い 風が

ほんまに久し振りに解放されて ヒトリボッチに成れました。 北に北にとオンボロ車転がせてますと、杉の森から黄色い噴煙がブワーッと舞い上がって 見ただけで咳き込みますね
 それでも丹波の山奥では、だーれも花粉症ならんそうです なんで??
北向きの山肌には コブシが満開ですね 必ず北向きですねー
以前 誰か書いてくれてましたね こぶし^辛夷^拳 原産は朝鮮半島 北むき んんんんー
 杉がギョーサン倒れてまして、チョイと組んだらテントいらへんね
寝袋入ってジッとしてたら いろんな音聞えますが カメラ!思って動くと おらへんようになりますね

 おりょうさん
こないだ かーちゃんが [風の丘をこえて]ゆう韓国映画借りてきたよ
パンソリの旅芸人の話でしたが バオジャンフー なんか ひっぱられますね
音”もって旅する人 ごぜうた ユパンキ 竹山 越後獅子 虚無僧 ジプシー ・・・・
 なんで こないに ひっぱられるんかいなー?

  

こうへい - 2005/04/10(日) 17:39<

夜勤が明けました

夜勤明け 薄陽のサクラも まぶしけり

赤信号 一年ぶりの レンゲ草

  詠み人知らず(^○^)

しずかさや 岩にしみいる 蝉の声
やったかなあ、松尾芭蕉?

松尾芭蕉って、突発難聴だったらしいですよ。
なんかの本で読みました。
どっちかの耳が聞こえなくって、耳鳴りがしている。
そのことを、詠んだ句らしいですよ。
ボクの右耳は、ニイニイゼミが鳴いてるけど、どんなセミの声だったのかなあ。

ヤゾー - 2005/04/10(日) 07:31<

尾張のクズシリさん おめでとうございます

みなさん おはようございます

尾張のクズシリさん 実証編 考察編の完結 おめでとうございます。
そして 深夜に及ぶ執筆作業 ご苦労さまでした。
次は蜜柑さんの単行本が出るそうですが
新しいサンカ学も 充実してきましたね。
今後の執筆も 楽しみにしております。

ヤナさん だからあの辺りに行くと 
ただのヨモギ餅にしか見えませんが
カッパ餅を売る売店が いくつかあったりします。

こうへい - 2005/04/09(土) 18:40<

これって、暗号ですかあ

難しくって、わかりません。
ねむたいっす。
今日、夜勤三日目、あした明けです。
体内時計、自由に変える方法、ご存知でしたら、教えて下さい。

こうへい - 2005/04/09(土) 11:07<

近露(ちかつゆ)

は、行ったことがあります。
カッパが名物みたいですね。
ヤナさん、近露で昔、池に潜った覚えありませんかあ(^○^)

ya(・ε^)na - 2005/04/09(土) 00:47<

ご近所情報!!

西牟婁郡中辺路町近露。近露の奥山の鴨折という谷には河童が住んでいて、
 昭和になってから炭持ちの子どもたちもこの河童に出会ったということです・・
    杉中浩一郎(和歌山県在住)のお話・・
 ヤゾー!!中辺路には河童もおったみたいですよぅ
    ご近所の木蓮の森もそろそろとちゃいますやろか??
       もしもし!!もしもーーーーし!!

  せやった・・ヤゾー留守なんや!えらいすんません

おりょう - 2005/04/08(金) 22:26<

映画

1時五0分〜3時25分 B2
パオジャンフーとは、歌や踊りなどの芸をしながら薬を売って旅をする人々のこと。この作品は、今やアジアではほとんどその姿を消しつつある彼らの姿を追ったドキュメンタリー映画。3つのグループの本物のパオジャンフーたちの物語を織り交ぜ、その内の1つ、新威殿一座の17歳の息子の成長を軸に、失われつつある文化に賭ける人々の情熱と孤独を描き出す。         
〔製作〕酒井捷八
〔監督〕柳町光男
〔撮影〕田村正毅
〔音楽〕清水靖晃
〔出演〕葉天爽、葉春鴻、黄春蓮、呉天羅、張財明  ほか
(1995年・日本)〔中国語/字幕スーパー/カラー〕

尾張のクズシリ - 2005/04/08(金) 10:23<

有難う御座いました。クマノシュウのお陰です。

ヤゾーさん、拙本のご紹介頂き、有難う御座いました。お心遣いに、痛み入ります。
また、クマノライフの皆さま。色々とパワーとご教導をいただき、そのお陰で「実証編」「考察編」二冊を完結することが出来ました。本当に御礼、深謝申し上げます。

昼間は、オモイッキリ働き(働かされ?)ながら深夜に、資料整理〜実測作業、トレース、起稿など・・・ここ十数年繰り返しの毎日でした。
3年ほど前、東京でヤゾーさんと始めてお会いして、「早くパソコンを覚えて、クマノライフへ早く来てください! 仲間が待っておりますヨ!」、私のような異形者にまで、お誘いをしていただきました。

深夜に、筆が進まない時、覚えながらのパソコンで、このクマノの「掲示板」を読ませていただいておりましたです。
時には、一人で大笑いし・・・、また、何度も泣かせていただき・・・どれだけ、皆さまのお人柄に、パワーを頂いてきたことか・・・・
本当に、尾張のクズシリは感謝いたしております。有難う出、一杯です。
これからも、私のような異端児で、お役に立てることがありますれば、この掲示板を通して、サイギョウのフミを、ご下命下さいませ。
お恥ずかしい、ことを書かせていただきまして、済みませんです。
    尾張のクズシリでした。

ヤゾー - 2005/04/07(木) 14:31<

サンカ・廻游する職能民たち

みなさん こんにちわ
これから 東京へ立ちます。
 
尾張のクズシリさんのサンカ学叢書 「サンカ・廻游する職能民たち」
実証編に引き続き考察編がでました。
くまのらいふ・ショッピングから購入できますので 欲しい方は よろしくお願い致します。

ヨーカン - 2005/04/07(木) 12:45<

こんなん どないです?

まず ヤゾーが いろんな掲示板に噂流します 「やまのおくの池に へんなもん おるらしい」
こうへいさんが 謎の生物探検ツアー 募集します
夕闇せまる能勢の野池で おりょうさんが キップうります

 見分けつかんくらい暗くなったら 
   やなさんが 頭に皿のせて浮かびあがって
   わたしが鏡みて脂汗流して ぐえって鳴いて・・
 (地で いけそう)
たんまり稼いで みんなで やまわけしょうぜ!
 
頭つかってもうける おもったけど            
         また ここ汚してしもた! すんません 
                           しごと します

こうへい - 2005/04/07(木) 09:55<

「山の民」の中の「縄文人の末裔」

ルソーさん おはようございます。
縄文の遺跡は、各地の川の側、河岸段丘(川の浸食で、元川だったところが干上がって出来た見晴らしの良い、場所・・でいいんかなあ?)に、多いです。
山は猟の場所だったのでしょう。
弥生でも、山の上・・高地性遺跡があります。
戦争のために山に住んだと言われていますが、温暖化で低地が海になったとボクはおもっています。
縄文人と弥生人の融合もあり、
縄文人の末裔は、現在のどの人達か、っていうのは、いろんな説があって、定かではありません。
ですから、「山の民」の中の「縄文人の末裔」っていうのは、限定すると、分からないっていうのが、現状なんじゃないでしょうか?
ルソーさん 研究して、それを明かしてくださいませ。

じげもん <http://homepage2.nifty.com/deestyle/> - 2005/04/07(木) 08:45<

ルソーさん

「山の民」の中の「縄文人の末裔」となると難題やなぁ。
それぞれの地域の縄文遺跡を調べると、縄文人の足取りは想像できるけど。
たとえば甲州なら海から川沿いに移動したことがわかりますです。

ソルー - 2005/04/07(木) 02:45<

追伸

すいません。
山の民(縄文人の末裔)熊野、甲州(南アルプス)、信州(秩父)、土佐(四国山脈本川村)
の4地域だとどこに住んでいた可能性が高いでしょうか?

ya(・ε^)na - 2005/04/07(木) 02:24<

思い出した・・

そや・・もうずいぶんと昔のことや
 能勢電で山下駅の次に笹部って 駅があったんよぅ
 今思うとほんまに小さな駅やった
   駅のホームが枕木だけで、車掌が切符回収してました・
駅を降りて左を妙見の方に歩いていくと・・
  小さな溜池があった・・だあれもいてへん・私・・たった一人・・
   暑い夏やったから・泳いで見たくなりました・
        パンツ一丁で泳ぐと溜池の水はえらい上と底では温度がちごてました
  ぷくーっと水面から目から上だけ出して浮かんでましたら
  なんや変な感じ・・足に金魚藻が絡んでほんまにおかしかった・・

誰か遠くから私のこと見てるひとがあったら・・・
     きっと・・カッパに見えとったかもしれませんねぇ

                     

ソルー - 2005/04/07(木) 01:17<
こんばんは。質問わかりずらかったですね。
山の民(縄文人の末裔)は熊野、南アルプス、信州(秩父)の3地域だと住んでいた可能性が高いのはどこでしょうか?

こうへい - 2005/04/06(水) 21:05<

おりょうさん

タンカ売の解説、かたじけのうござるm(__)m
なんでも、お詳しい(*^^)v

タンカ売って、田舎には来なかったですね。

子供の頃・・自転車に青い箱積んだアイスキャンデー屋、紙芝居、チンドン屋、一番人気のポンポン菓子・・蓋を開けるときのドキドキ感、天秤棒の金魚屋、チャルメラ吹きながらやってくるラーメン屋、水飴屋、
祭りのときは、もっといろいろ出てたけど、思い出せないなあ
お面屋、アメ細工、綿菓子・・・

おりょう - 2005/04/06(水) 20:05<

タンカ売

タンカ売は「タンカを切る」のタンカで口上の意味だそうです。
蝦蟇売りのタンカは「追い詰められました蝦蟇は、初めてみるおのれの顔、おのれの姿、その醜さに、根が小心者の蝦蟇なれば、体内からはトローリトロリ、流れいでる油汗、これを21日の間、柳の箸は一尺寸、
弱火にかけてじっくり、ていねいに、いたわるように煮詰め固めましたるものがここにあるこの蝦蟇の油だ、さーてお立会い」とこのあともつずききます・・本当のところ蝦蟇の油の薬の中身はなんでしょうか?

上野当りでは似顔絵書きとか多いですね。
骨董屋、ヤキソバ、たこ焼き、やきとり、お面屋、アメ細工、ラムネ屋、缶ビールなどなど。
古典的なタンカ売にめぐり合いたいです。

天才「コンコンおじさん」は名古屋版仙台四郎ですね。
尾張のクズシリさんはユニークな人探し天才。

ヤゾー <http://www.kumanolife.com/Blog/> - 2005/04/06(水) 19:31<

山小屋日記

みなさん こんばんわ

ソルー さん はじめまして
質問の意味が少し分からないのですが
熊野には 日本固有の犬で紀州犬というのがあります。

尾張のクズシリさんの「コンコンおじさん」の話し
なんだか日本むかし話しのようで よい話ですね。
変な人だからと 邪険にしてはいけないという教訓でした。
特殊能力でなく 本当に商売として演じているのなら
天才的かも知れません。

東京に居たころに 頼まれて骨董屋の店番したことがありましたが
そのときに ヨレヨレの格好で それもYシャツのボタンを一段ずらして留めていて
ボサボサ頭の見るからに冴えない初老のおじさんが来たことがありました。
なんか場違いなおっさんが来たなと思いました。
話をしてみても なんかチンプンカンプンなことを言うし
それでも丁寧に対応したことがありました。
後で店の主人に話したら 偉い先生だとのことで
人は見かけによらないと痛感したことがありました。

密かに最近流行のブログ 山小屋日記を始めました。

http://www.kumanolife.com/Blog/

こうへい - 2005/04/06(水) 19:22<

頭を使え!!

金のないひとは、頭を使え・・
頭の悪い人は身体を使え・・って言いますねえ

頭を使うって、頭突きやるってことじゃないですよねえ(^o^)
目方で男が売れるなら・・♪

尾張のクズシリ様、ありがとうございます。
元気が一番・・生きてるだけで丸儲け・・

えつこさんでしたか、下津町は、4/1から、海草郡下津町から、海南市下津町に変わりました。

買い物から帰ると、テレビで川井郁子さんが出てました。
最後の、レッド・バイオリンだけ聞けました。
前に、一度だけコンサートに行ったんです。
泉の森なんとかいう会場でした。
隣のオッサンは、最初から、最後まで双眼鏡で見てました。
ちょっと貸して・・とは言えなかった(^o^)
CD買って、サインしてもらいました。
テレビで見てましたが、あんなに近くで見れて、ほんま、ドキドキしました(*^_^*)
その時のこと、思い出しました。
レッド・バイオリンのCD買いに行こうっと。

尾張のクズシリ - 2005/04/06(水) 13:16<

ホームレス?乞食?天才「コンコンおじさん」のこと

名古屋の通称飲み屋街「女子大小路」の【コンコンおじさん】のお話しです。

こうへいさん。元気が宝です。気力が一番です。人生、毎日リセットです。【本日、ただ幸せ】です。

頭が狂った? 1人のヨボヨボな歩きの、乞食のオッチャンがいました。
夕方4時ごろから、飲み屋街の開店準備に忙しい下働きアンちゃんたちに、大きな独り言で

「コ〜ン コン コ〜ン〜  コンコン コ〜ン・・・・コンコン コ〜ン コンコン・・・」

、どこで失敬してきたのか? 汚いお稲荷様の、陶器のキツネ人形を胸に抱き、持ち歩いていた乞食がおりました。
玄関前に立ち、掃除中のアンちゃんタチに、「コンコン コ〜〜ン〜・・・」をやるものですから、水を掛けられ、
「こら! オンドら! 乞食の来るとこでない!! あっちにイケ!! ぶっ殺すぞ!!」
などと、各店店で言われ、追い払われていましたです。

ところが、早出の55歳ママさんが、ちょうどその場面を見ていて、言いました。
 
 「毎日アリガトさん、明日も来てもイイよ。これ気持だけの御礼 うけっとてネ」

と、その乞食に千円札、1枚上げたのです。店のアンちゃん達は「ママ。困ります!!」と抗議をしました。ママは「私も施設で育ち、誰もいないの。乞食になっていたかも・・・」と店の中に消えてゆきました。

ところが、バブル不況でお客が、ガタ減り。なのに、不思議に、ママの店だけその日は大入りになり、両隣のお姉さま達にも急遽応援を頼みお客のモテナシに追われましたです。

また翌日も、その乞食が「コンコン コ〜〜ン ・・・・」と来ましたので、若シュウたちがママから預かっていた千円札をあげました。
そしたら、またまた喜んで、キツネを抱いて、今度は踊り始めました。しかし注意もせず、そのまま、放おっておきました。不思議にその日も、大入りで昨夜と同じになりました。

それが瞬く間に、同業者に伝わり、他の店でも競うように、その乞食に小銭を渡すようになりました。客呼び神様「コンコン乞食」と呼ばれております。

尾張のクズシリは、今、取材を申し込んでおります。
世の中、無一文でお金を稼ぐ、遊動生業者【世間師】の先生おります。この先生の面談聴き取り、出来ましたら、そのノウハウ、研究したいと思っております。

こうへいさん。ヨーカンさん。ヤナさん。ワタシ自身。生きてるうちに「アタマ」使いましょう!!
そうそう。あの香具師の先生のつづきあります・・・・・
万有動力の法則、ブンブン虫式「原子力ダルマ」の先生は、一年のうち2ヶ月働いて、後は好きな釣りしてました。そして、子供さん皆大学だしていましたです。
教えを乞いたい先生は、【 職場にオラズ 世間師に学べ 】 これ、今、考えた私の格言です。
 この掲示板みた指導上司、怒るだろうな!! ワタシ クビ になるかも?

      尾張のクズシリ でした。

ヨーカン - 2005/04/06(水) 10:47<

無念じゃー”

原・始・力? ブイブイだったのですね  残念無念! 元手かからんわなー(^^)
最近クズシリ博士にクスグラレて 頭つこうて儲けたろ思ってんねけども すぐに眠たくなってしまって あきません
 あ!やなさん そっちまで 匂いとどきましたか?それは どーもです お礼はいいですよ!先祖代代からタヌキばっかり食べてたんで、特製のが濃縮されてますねんわ
 春米から関宮の氷ノ山越の途中に 木地師跡の立て札ありまして何度かテント張りましたが今度行ったら小椋さんの表札探してみます 木の細工物どっかに売ってたような記憶あるしね
 木地のちゃぶ椀 そろそろ替え時になってますし・・

やなさん! わたしら だんだんに取り残されて 前世紀の遺物、ガラパゴス島の亀さんに?
そいでもね まだまだ消え去れんと思いますねんよ
 自然に育まれ 生き抜いてきた先人たちの知恵や勇気を・・
        あれえ?? 私 なにしたらエーノンですかいな??  プー!!



 


ya(・ε^)na - 2005/04/06(水) 01:55<

木地師・・

ずーーと以前のこと・・
  北ア白馬・雪倉の蓮華温泉・山旅の帰り
   木地師の皆さんの作品が飾られていた・・
     小椋の名前がよおさんおました・・・??
  よおさん??・・まちがい!!ほとんどが小椋でしたねぇ
     琵琶湖の近くのなんとかゆうところ・・
         おましたねぇ・・
 今でも彫り物の上手な方が大勢いてはりますねぇ・

    信州や南アやてかぁ・・山並みはどこまでも遠くまで続いてますよぅ


         ソルーさん・・・ガンバレ!!



     東北のマタギさんはなんでも比良あたりどころかもっと遠くまで・・

  上高地のカモンジや・・喜作・・
      ほんでから、山ノ神・・・んんんんん
   山の民の匂いがプンプンしてきますねぇ・・
       
     んんん・・ほんまに臭いなぁ

        んんん・へ・・ ヨーカンさんおならしたらあきませんがな・・ははは・

     サンカのウメガイ・マタギのナガサ・・

     わたしは民話の世界からナデシの匂い嗅いでます

   残念ながらすごいスピードで夢の世界は消え去ろうとしていますよぅ
     ほんまに、ほんまに残念ですねぇ
       


 

△うぶ - 2005/04/06(水) 01:47<

原子力だるま

「ハラコちからダルマ」(納得!)、って ブンブンだったのですか、、、現物見た事は無いけど。

名詞;「カタヤ」も 、、、、、意味深で、、、、、、納得しました。

こうへい - 2005/04/06(水) 00:14<

尾張のクズシリ 様

外れはしましたが、面白いお話ですね。

ソルーさん、はじめまして。
日本の犬と山の民・・良く知りませんが、マタギのことなんでしょうか?

こうへい - 2005/04/05(火) 23:55<

(財)日本ナショナルトラスト 

紀州田辺の天神崎、日本ナショナルトラストのはしりである・・とか読んだことがあります。
行って、潜ってみました(^o^)

わが母校の校歌に歌われる「亀池」の上にゴルフ場造るってときに、立木トラストっていうのをやりました。
予定地の真ん中の山の木をみんなで一本千円で買って、名札を付けて・・
ボクも一本買いました。
で、結局ゴルフ場は出来なくて、雑木林を売った山主達は金持ちになり、立木トラストの山を提供してくれた山主だけ恩恵を受けなかった。最初から、金儲け考えてない山主だったけど。なんだかなあ
 

こうへい - 2005/04/05(火) 23:34<

おりょうさん

タンカ売というのは、寅さんみたいに口上を述べて売る人ですか?
ガマの油売りとか・・

- 2005/04/05(火) 23:18<

熊野御幸

http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs2
に、

後鳥羽上皇は、譲位したその年にさっそく熊野御幸  
熊野御幸は終焉は何があるのか
投稿者: 児島  

があります。


おりょう - 2005/04/05(火) 19:05<

香具師

香具師は元でをかけないで、アイデアとタンカと