過去のKumanolifeGuestbook

[過去ログ インデックス]  [KumanolifeGuestbookへ戻る]

2000年10月29日(日)23時45分までのKumanolifeGuestbookへの書き込みです。


利田 - 2000/10/29(日) 03:01<

鳴けない山鳥

>長野から「鳴けない山鳥の詩」が届いていました。
>表紙の写真が何とも言えない程いいです。

でしょ!!。
僕も、表紙の写真には鳥肌でした。
よくも、まあ、
写真があったと。
多分、その写真の中に物語の主人公のサチがいるのでしょう。

****「鳴けない山鳥の詩」*****
皆読んで下さい。
三角寛よりリアリティーのある「サンカ哀話」です。

 あてのない、一日が始まる
 冷えたコーヒー一杯
 3時間も すする
 煙草を5〜6本吸う

Rainy - 2000/10/29(日) 00:49<

自然、かぁ.....

満員の通勤電車の中で想う、ってのはどっかで読んだなぁ

オレには、まだ、そんな時に想う「自然」は無いなぁ......

だから、今頃になって、まだ足掻いてるんだろうなぁ

ヤゾー - 2000/10/29(日) 00:14<

女性の中に大地母神が宿る

小さい頃の楽しい思いでの殆どは自然との触れ合いによるものです。
それは、なにげない身近な自然であったり家族で行った潮干狩りであったりするのです。
また、苦しいときに気分を紛らわしてくれるのは小鳥と戯れたことや釣りに行ったときのものだったりします。
逆に大儲けをしたときのことや高価な物を手に入れたときのことなどを思い出すと余計に具合が悪くなります。
多くの人の心の中に豊かな自然があれば地球も住みやすい星になるのでしょうね。
ちなみに僕のもう一つの自然は女性の中に求めているのかも知れません。
そのわりには長い間、僕の周りには女性がいません。うーん、困った・・・(T_T)
書いてて恥ずかしくなってきた・・・(*^o^*)

おミヨ - 2000/10/28(土) 21:44<

皆様 しばらくです

今、ポスト覗きにいきましたら
長野から「鳴けない山鳥の詩」が届いていました。
表紙の写真が何とも言えない程いいです。
内容はこれからです。

Rainy - 2000/10/28(土) 15:59<

曇天

雲が重く垂れ込めた、寒々とした日だ。
無理もない、もう10月もまもなく終わろうとしている。
暑く、夏らしかった夏の反動か、秋晴れの初秋には、ついぞお目にかからなかったような気がする。
こんな天気の日には、気分ももひとつ晴れないな(苦笑)
まぁ、良い。利田サンの言うように、落ち込むトキは落ち込めば良いのだ(笑)

外へ行ってみよう...

まぁ - 2000/10/28(土) 13:03<

あての無い一日

ラビの「あての無い一日」ですか?むむ。中山ラビねた続きますねぇ。
これは、聴いとかなアカン・・・かも。

私の、あての無い一日は終わりました。なんとなく行ってしまったフタカミ山。
夕方だったので、山頂は諦めて竹内街道と、雌岳を少し登ったところにある鹿谷山寺跡
に行きました。石塔と、如来様が彫られた石窟が残っていて、不思議、不思議空間でした。
気持ちのよいところへどんどん導かれていくようで、身を任せていたら面白いです。
次は何処に行くのかな・・・。

nakaさん、星野さんのもうひとつの自然については私も何かで読みました。
「旅をする木」だったかなぁ・・。東京の満員電車の中ですし詰めになってるときに、ふと
アラスカの熊たちを想う・・って。遠く離れた土地で、自分が人の波にもまれている、同じこの時に
あの森の中では、熊達がたくましく息づいていることを感じる瞬間がある・・・とそんなことを書かれ
ていたと思います。とても共感したので覚えています。

私の遠い自然は、ここ数年来、熊野かもしれません。
本当の熊野なのか、心の中でつくりあげた熊野なのか、もうわからなくなってるほどいつも想っています。
熊野に暮らすヤゾーさんのもうひとつの自然は何処なんでしょうね。私も興味があるなぁ。
星野さんのもうひとつの自然が沖縄っていうのも、なんだか嬉しくなっちゃいました。

naka - 2000/10/28(土) 00:48<

ありがとう

ヤゾーさん皆さんありがとうございます。
とっても、気持ち良く酔っていて、初めての友達にメール打ってた・・・・つもりでした。
お手数をおかけしてすみませんでした。

先日、星野 道雄著 「アラスカ風のような物語」を読んで写真の美しさ、温かさにが、
心に染み渡りました。
絶筆の文章の中に
人間には二つの大切な自然がある。日々暮らしの中で関わる身近な自然、そしてもうひとつは
なかなか行くことの出来ない遠い自然である。が、遠い自然は、心の中で想うだけでもいい。
そこにあると言うだけで、何かを創造し、気持ちが豊かになってくる。アラスカで、暮らす
自分にとって、沖縄はそんな世界である。
と言う文章が心に残りました。

私のもうひとつの自然がサンカへの興味なのかまだまだ分かりませんが、kumanolifeの
ヤゾーさんの写真が毎日の心を豊かにしてくれるのは確かです。
でも、アラスカの星野さんのように、kumanoに自然を見つけたヤゾーさんの二つ目の自然は
どこに見つけられてるのかな?
謎です。

ヤゾー - 2000/10/28(土) 00:05<

もののけ姫

「もののけ姫を読み解く」を読んだら「鳴けない山鳥の詩 」と同じようなことが書いてあった。
「自然を神(人間)が作ったもの」として利用・支配の対象と教えるキリスト教文化圏に対して
批判的であることである。(自然の中に神の姿を求めた聖フランチェスコは大好きなのです)
その西欧の合理主義と産業第一主義が、また男性社会が、暴力で自然を破壊し生命を抑圧する支配構造を作り上げ、
自然と共生してきた歴史を持つがゆえに差別されてきた人たちや、体内に生命を宿すことのできる女性を
抑圧してきたと言われている。今、その文明のあり方が問われている。
「鳴けない山鳥の詩 」の一部を抜粋してページにしていますので読んでみて下さい。

利田 - 2000/10/27(金) 01:43<

犬娘

>金曜日から日曜日にかけて新潟にきのこ採り行ってきました。
趣味が合いますね、本当。
僕も毎年秋に軽井沢までキノコ狩りに行きます。

>なぜか新婚の嫁さんもテントで生活するんだと・・・おかしなやっちゃな!!!!

>今考えるとナデシかも・・・・利田さん・みなさんどうでおます???

ナデシ間違い無し。僕は以前ベッドがあるにもかかわらず、部屋で寝袋で寝てました。
その方がずっと熟睡できるのです。
それから、僕は結婚式は「河原」でやることを希望します。そんなんでよかったらどなたか嫁にきて下さい。

>さて、今日はどんな一日になるのでしょう。今朝はとっても不安
そういう気分になるとき有ります。
そんな時は
ラビの「あての無い一日」を聞いて、さらに落ち込むのがいいです。

「三角寛選集」の案内きましたか?
しつこいようですが「犬姫お千代」は「犬娘お千代」の間違いです。

犬娘お千代は良いですよ。

ヤゾー - 2000/10/27(金) 00:04<

こんばんわ

はじめまして、nakaさん。
nakaさんの書込みに励まされました。
また、臆することなく何でも書込みして下さいね。
せっかく書込みして頂いたのですから、削除しないで下さいね。
メールアドレスだけ消しておきましたから。

Rainyさん、「チューリップのアップリケ」の歌詞、ご苦労様です。

まぁさん、車で山頂まで行けません。結構、険しい山のようですよ。たぶん?

Rainy - 2000/10/26(木) 23:47<
ん?俺が余計なコト言っちゃったかな??<「削除してください」

本来ココは自分のログは削除出来たよーな気もするのだが、削除のチェックボックスある割には、それから先の手順がわからへん...;)
でも、きっと管理人のヤゾーさんがなんとかしてくれると思うよ ^^
でも、もしメルアドだけ消せたら、文章自体は残す、ってのでは駄目?? ^^ >nakaさん

まぁ - 2000/10/26(木) 08:35<

おはよう

ヤゾーさん、私は詐欺師にはなれません。たぶん。
ヤナギムシさん、小倉アイスクリームは、華麗なる異文化融合ぞな。人類皆兄弟的美味。あらゆる枠はない方が、お好みです。
nakaさん、はじめまして。私、いつもシラフでこのレベルなんです・・・。ごめんなさい。今後ともよろしくお願いします。

さて、今日はどんな一日になるのでしょう。今朝はとっても不安。(謎 x 4 だっけ?)

どなたか二上山に行かれたことあります?この秋の間に行きたいのですが・・・。車で山頂まで行けるのかな?
哀 のように飛ぶように颯爽と登れたらいいのだけれど。
体はついていかなくても、気分だけは、哀のように。

naka - 2000/10/26(木) 06:48<
削除してください。
酔ってました

Rainy - 2000/10/26(木) 02:48<

「猥」雑感

毎度、某国営放送テレビで観たヒトコマ
民族音楽の風景、ってな短い番組で、その日(つうかさっき)はインドだった。
シタールをベースにした旋律だけが流れる中で、画面はずっとインドの日常を流していた。
もちろん、スラムやらの「暗い部分」は流しやせず、観るヒトから観ればキレイゴトなのかも知れん。
ケド、おそらく市場の風景と思われるその画面から感じられる、猥雑とも言える逞しい「生命感」には圧倒された。
とにかく人が多い。そして、みんな眼が生きている。笑っていても、怒っていても、無関心は表情でいても、喜怒哀楽の感情はともかく、その眼は「生きて」いるのだ。
あんな人たちと、サシで向かい合ったら、今の俺ら日本人なんて、とてもかなわないんだろうなぁ、などと思ってしまった(苦笑)。

nakaさん、ようこそ ^^
リクエストには「裏」で答えておきました。
何かが誰かに「ついていけない」などと言う感覚はココには無いっすよ ^^
皆それぞれが、かけがえの無い自分の生を、それぞれの想いを抱えて生きてるんじゃないですか^^
あと、余計なコトかも知れないケド、ハナっからのメルアド公開、だいじょぶっすか??
こんな入れ知恵をしなきゃならない現実は哀しいケド、OPENである以上、誰がここを見ているかはわかりません。いや、カキコしてる人や、多くのROMさん達は心配ないと思います。あくまで「万一」のための「余計なおせっかい」でした(笑)

うーーーーーーーん、何故に今夜はこんな時間なのかは謎の3乗にしておこう(再謎笑)

naka - 2000/10/26(木) 01:05

始めまして

初めて、メールします。
サンカの事を探していて、ここにたどり着きました。
それから、結構覗きに来ています。
岡林の「手紙」の歌詞はありがたかったです。
出来れば「チューリップのアップリケ」の歌詞もお願いしたいくらいです。
歌に泣いた日々を思い出します。
(でも、ずいぶん昔の掲示板の話ですよね。一言お礼を言いたくて・・・)
知識でも気持ちでも皆様についていけない私かしらとか思いながら書いています。
こんなファンが居る事もお忘れなく・・・・・
ヤゾーさんの意見やおミヨさん利田さん他の方のお話もっと聞きたいです。
読んでるだけで
楽しんでいる人がここにいますよ。
メールする勇気は無いけれど・・・・(今日は特別・・・おさけのんでるもん)





ヤゾー - 2000/10/26(木) 01:00<

心遣いに感謝です・・・m(_ _)m

あははは、まぁさんに詐欺師になれですか・・・(・_・?)
たとえ詐欺師になっても弟さんが弁護士になれば鬼に金棒かも・・・\(^_^)/
冗談です・・・(-_-;)

よほど天候が悪くない限り、マンションよりテントで寝た方が気持が良いです・・・(´-`) 
テント生活通算半年以上経験者語る・・・(^_^)v

書込みが少ないと本当に寂しいですね・・・(;_;)
でも、気分が乗らない時に無理して書くとロクなことがなかったりします・・・(^-^;)
斯く言う自分もそうだったりします・・・(-,-;)
てなことで顔文字で誤魔化してみました・・・(^_-)☆

ヤナギムシ - 2000/10/26(木) 00:49<

まあ・・たいへん

むむ・・小倉アイスクリームの日々・・・???

あんが・い・・良い日々・・・???  アンがいい・・冷めた日々・・・

冷たい頭に案がいっぱい・・・?   なぞなぞ・・・?

ヤナギムシ - 2000/10/26(木) 00:19<

まあ ナンデシカ??

思い出したのですが、今年6月ころの話し・・・

新婚さん、いらしゃい・・なる番組で大阪の枚方の人の話・・・・

淀川河川敷でテントを張って生活していて、マンションもあるけど

なぜか新婚の嫁さんもテントで生活するんだと・・・おかしなやっちゃな!!!!

今考えるとナデシかも・・・・利田さん・みなさんどうでおます???

単なる変人・・・なのかな????

まぁ - 2000/10/25(水) 17:55<

雑感?

毎日楽しみに覗いているのに、最近みなさま書き込みなくてさみしです。
では、ワタクシが・・・と思っても、私には皆様のように明るく正しいネタがない。
きのこも採りに行ってないし、サカナも釣りに行ってない。
・・・・最近、なぜか小倉アイスクリームの日々。(謎 x 2)

あ、そういえば、昨日私の友人の中で妖怪度ナンバーワン の人とランチしてた時に言われた言葉ですが・・
「きたうら(私の姓だったりする)、詐欺師になれっ。洞察力あるし、(ないと思うが・・)善悪の基準むちゃくちゃやから (言えてる。)
きっと詐欺師になれる。その目は詐欺師の目だ。間違いない。」と誉めてもらいました。詐欺師の目、見たことあるんかい?と思いつつ、
「でも私、性善説で生きてるんやけど・・・」って言ったら、
性善説を信じる詐欺師にきっとなれると太鼓判を押してもらったのさっ。砂かけババアに。

ヤゾー - 2000/10/24(火) 02:12<

キノコは怖いよー

Seburiさんはキノコ採りに行ってたんですか。
自分で採ってきたキノコを食べるって結構根性がいるんですよね。
昔、オオワライタケを採ってきて、大笑いしようと目論んだ知人が、
違うキノコを採ってきて、食べたら腹を壊して大泣きしたという話しがあります。
だから、キノコは松茸位しか採りに行ったことがありません。
ちなみにバカな知人は僕ではありません。

seburi - 2000/10/24(火) 00:35<

「きのこ採り」行ってきました

金曜日から日曜日にかけて新潟にきのこ採り行ってきました。
あんまり採れませんでしたが、いろんな種類のきのこを知りました。
会の方がいろいろと教えてくださり、とても勉強になりました。土日ときのこばっか食べていました。
今なんともないんで、ヤバイものが入っていなかったようです。
家に帰って、食べるかどうか迷っていたものに(絶対に食べられるんですが、とても臭い!)すっぽん茸というのが
あったんですが、バターに塩、コショウで炒めたらめちゃくちゃ旨かったです。
あとのものは、炊き込み御飯と味噌汁でいただきました。自然の恵みに感謝!

Rainy - 2000/10/24(火) 00:03<

ひそかに面白い、かぁ....

なんか、良い表現だ..... ^^

はいな<また遊びまひょ>まぁさん

利田サンが、「なかのあなた」のテープを送って来てくれた ^^
ひっーーーーーーさびさに「よぶ」を聴いて、やっぱりエエなぁ、とヒトリ納得 ^^
利田サン、ありがとう。ところで、B面の唄い手もラビですかぁ???

最近、なぜかコンビニデザートの日々(謎)


ヤゾー - 2000/10/24(火) 00:03<

音楽三昧

ヤナギムシさん、Holly Cole のテープありがとうございました。
ややり何度か聴いたことのある人でした。
Calling you は確かショーン・コネリーがジャガーに乗って枯葉の上をゆっくりと走るタイヤのCMに使われていなかったですか? 勘違いかな?
利田さん、ラビのテープが届きました。じっくり聴かせて頂きますね。

ヤナギムシ - 2000/10/23(月) 01:30<

釣り坊主

ヤゾーさん、昨日はありがとさん

真夜中の山中はこわいねー

帰り道車のところで、昨日話した蝶チョアサキマダラが飛んでいました

ゲゲやっぱり和歌山は、自然が豊富やねー

いま、和歌山ラブソングって歌TVでやってました

ほんま、和歌山ええわー

ヤゾー - 2000/10/22(日) 23:48<

ヤナギムシさんと釣りをしました

昨夜遅く、海岸近くの鬱蒼とした山の中、ヤナギムシさんと待ち合わせて、
お気に入りの磯へ案内しました。ヤナギムシさんはとても優しい感じの人でした。

まぁさん、Keijuさんの音楽は本当に素晴らしいですね。

まぁ - 2000/10/22(日) 20:31<

こちらこそありがとう

ヤゾーさん、keijuさんのCDを気に入って下さったようで、私も嬉しいです。
山の風景や、山の気とkeijuさんの音世界は私の中でも、繋がっていますよ。

ヤゾー - 2000/10/21(土) 11:29<

ありがとう

今、まぁさんにお借りしたKeijuさんのCDを聴きながら書いています。
辺りの自然に溶け込む、なんとライフスタイルにマッチした曲なのかと心地よく音楽に
酔っています。KeijuさんのCDを聴くことが出来て本当に良かったです。
ヒーリング効果を感じました。うーん、みんなに聴かせたい!

おミヨさん、何も気にすることはありませんよ。
昨夜、利田さんから電話がありましたが、そんなことは微塵も気にしている様子はあり
ませんでした。むしろおミヨさんの文章が嬉しかったかも知れません。消しちゃあダメです。

まぁ - 2000/10/21(土) 09:23<

風の王国

keijuさん

>風の王国読み始めました ぐいぐい弾き込まれる小説ですねえ!久々のヒット!

そうそう。でも、、、弾き込む・・は、けいじゅさんで、この場合は、引き込む・・・ぞな。
(ちょっとウケたのでつっこんでしまいました。すいましぇん。)
今日もハッタさんと頑張って弾き込んできてくださいませ。
風の王国も、はやく読んでしまって下さい。色々探りましょう。
タイもストレートに刺激的でいいけど、この国は、ひそかに面白いよね。

Rainyさん&おミヨさん

>無為式→無意識、ですな.....(汗)

うふふ。どっちゃでもええしっ♪ また遊びましょ。>Rainyさん
おミヨさんもぜひ一緒にね。山の中にいると調子よくなりますよ。きっと。>おミヨさん

qミヨ - 2000/10/21(土) 06:39<

無題

危険な歴史書「古史古伝」 1800円
別冊歴史読本54
新人物往来社

利田さん申し分けない事をしてしまいました。
ふるーい過去のお話かと思ってしまってまずかったです。
ヤゾーさん削除してください。
ごめんなさい。

KEIJU - 2000/10/20(金) 21:35<

ヤゾーさん有難う

風の王国読み始めました ぐいぐい弾き込まれる小説ですねえ!久々のヒット!
祭りではなんかすれ違いでゆっくり話せず残念でしたが こんど!!
祭りは他の楽しめましたか?  僕はへとへとになるまで演奏しましたが 今一緒にまわっているハッタ洋一郎さんはすごいパワーでして、 頑張っています!!

ヤゾー - 2000/10/20(金) 21:15<

まっいいか!

三日ぶりに山小屋に帰ってきました。やはり山の中は落ち着きます。

>あらぁーばらしてよかったのかしらん???
多分、マズイと思いましたが、利田ヤゾウが心の広い人なので、まっいいかでしたね。

>エエ?あの複雑な話をよく文章化できたと感心します。
いくらアホ高校中退の僕でも作文くらいは書けるのれす(爆)
「鳴けない山鳥の歌」は無事届いています。面白いので、時間をかけて読んでいます。
「森に酔い、海に酔う」というまえがきに酔ってしまい嬉々として進みません。
この森に酔う、海に酔うという感覚は常々感じていました。
山小屋の周りにはフィットンチッドが多いとされる檜が生えています。
その檜を気が向いた時に伐採して自然林に戻す作業をしていますが、
檜を切り倒した後には、必ず酔った感じになります。
又、山の中に暮しつつ、一月に何度かは磯で半日以上過ごしていますが、
やはり同じように酔った感じになり、とてもやすらぎを覚えると共に精神が
研ぎすまされる感覚を覚えたりします。
知人が言うのには、砂浜の波打ち際を裸足で歩くことで心身、特に心臓の疾病を
劇的に癒す効果があるとのことですが、裸足で歩けるような砂浜が少なくなっている
ことが断念です。これはまっいいかでは済まされません。

利田 - 2000/10/20(金) 17:11<

雑記

>ヤゾーさんからのメールで利田さんの白百合大学出身の彼女と同僚の彼女にふられた話大笑い
してしまいました。なんだか久し振りに笑いました。

エエ?あの複雑な話をよく文章化できたと感心します。
ちなみに「白百合出身」ではなく「現役の大学生」です。
「古史古伝」は出版社、著者など教えてください。早速読みます。

「鳴けない山鳥の歌」はお読みになりましたか?
今、ヤゾーのところにあると思います。是非読んでください。

昨日、ハナ肇主演の「バカ丸出し」をちょっと見たけど、ウメガイを取り出して蛇をさばくシーンにびっくり。



おミヨ - 2000/10/20(金) 15:11<

自然の中へ 心の中へを優先させましよう!!

10月10日発売の 危険な歴史書「古史古伝」 1800円
「上記」とサンカ文字の幻像 上記 西垣内啓祐さんの矢切止夫さんの話 巨麿 キリストの墓
等などサンカ好きの方ならお奨めの一冊です。

ヤゾーさんからのメールで利田さんの白百合大学出身の彼女と同僚の彼女にふられた話大笑い
してしまいました。なんだか久し振りに笑いました。
忍者の子孫だと自慢したかった気持ちが裏目に出て結果的にふられてよかったじゃありませんか。
あらぁーばらしてよかったのかしらん???

私事で暖かいお言葉掛けて頂いて感謝しています。
ヤゾーさんのホームページで私は癒されています。ここにくるとほっとしています。
ここにくる皆様、書きこまれない皆様方もたぶんそれぞれの思いで尋ねてこられているとおもいます。ですからこのサンカページはぜひ末永くサンカの火はけさないで・・・。。
私は今、調子くずしておりますが、毎日尋ねていますので、皆様どんどん書きこみを・・。。




忍者の子孫だ

seburi <http://www4.plala.or.jp/seburi/> - 2000/10/20(金) 00:25<

それだー!

ヤゾーさん絶対それです!なべおさみチンピラ役
みやこ蝶々さん御冥福祈ります。

ヤゾー - 2000/10/20(金) 00:10<

雑感(Rainyさんの真似?)

昨日、デザイナーであり、ナイフ作家でもある、物作りに関しては天才的な友人に久しぶりに会いに行きました。
サンカに対しても深く理解してくれている人なので、実用的なウメガイを製作して貰う積もりでいました。
しかし、F氏は離婚したことや諸事情により関西を離れ、故郷の九州へ引っ越すとのことでした。
F氏は釣りの名人でもあり、竹細工を覚えたくて、技術を持つ人を探したりする人でもありました。

まぁさん、写真はあの後、直ぐに消去しましたので、ご安心下さい(笑)

利田ヤゾウには、僕の不確実な生活を気にかけて頂き有り難く思っております。
しかし、僕にはボケーと過ごす時間が大切なのであります。
正直言いまして、人間の作ったものにはあまり興味がなかったりします。
ですから「六法」よりも、自然の中のへ、心の中へを優先させて下さい(爆)
そういえば、まぁさんの弟がサラリーマンを止めて2年で司法試験にパスしたと言っていました。

利田 - 2000/10/19(木) 02:29<

アユタチ

川湯は極楽です。
僕がヤゾーの立場だったら、毎日日の出から日没まで「六法」を抱えて通います。
そして、2年後には司法試験に合格します。
合格したところで、弁護士になるかどうかはその時考える。

上の書き込み、
「鳥の歌」(イツキ寛之)のサクさんの影響大

マーさんへ
オラ、ハタムラ破りだけはしたくないだ。

お美代さんへ
何も心配するこたネー。ヤカラはヤカラが守る。

まだ見ぬ同胞へ
この掲示板はOKです。ハタムラ破りにはなりません。
どんどんサンカ(参加)して下さい。アユタチの許可を得ています。

Rainy - 2000/10/19(木) 00:40<

当然のコトながら...

無為式→無意識、ですな.....(汗)

Rainy - 2000/10/19(木) 00:38<

川湯


憧れの川湯訪問は、「無為式に」(爆)まぁさん来訪にスケジュールを合わせよう(謎爆)。

まあ - 2000/10/19(木) 00:34<
利田さんの「最後のサンカ面談記録2」読ませてもらいました。面白いですね。
松さんがお亡くなりになったのは本当に残念でした。でも、これからもどんどん書いて下さい。楽しみにしています。
ところで私の写真は、すったもんだのあげく、送ってはいけない・・ことになりました。実物を見に来て下さい。>利田さん
もし約束を破ったら河原に首だけ出して埋めるぞな。>ヤゾーさん
ヤゾーさん、今日はどうもありがとうございました。話を聞いていると面白くて2時間ぐらいすぐ過ぎてしまいます。びっくり。
近々熊野に遊びに行きますね。
もし、ハタムラに触れなければ、利田さんと3人で土左衛門ごっこしませう。(うそ)

ヤゾー - 2000/10/18(水) 22:29<

燃える秋(爆)

>あいにく、「ハラッパ祭」(良いネーミングではある・笑)のトキには、不祥Rainyはとーきょーにはおりません。

五木寛之氏の小説に「燃える秋」ってのがあって、確か、祇園祭りで女と知り合った男が、
夜中に豪雨の中、車を飛ばして 名古屋から東京まで、その女に会いに行くシーンがあったっけ。

ヤゾー - 2000/10/18(水) 22:27<

思い出したよ!

何を思い出したかって?
それはずーと前の(9/28)Seburiさんの書込みにあった映画の事でした。

>記憶がある最初に映画館に親父につれられ見た映画は、ドリフの映画でした。
>2本立てで、もう一本はなべおさみと都蝶々が出ていて、なべおさみが指をつめて痛がっている
>シーンと実は都蝶々が実の母親ではないかという終り方でした。←なんでしょうこの映画は?

多分、その映画の予告編が利田さんに送った馬鹿シリーズ4本のビデオに入っていたと思います。
大阪が舞台で、なべおさみがチンピラの役で出ている映画だと思います。
借りて観て確かめて下さい。と言っても予告編だけですが。

Rainy - 2000/10/17(火) 22:27<

不肖(自爆)

書き直そーと思ったが、削除が出来へん....(苦笑)

Rainy - 2000/10/17(火) 22:25<

あ、ちなみに....(謎笑)

あいにく、「ハラッパ祭」(良いネーミングではある・笑)のトキには、不祥Rainyはとーきょーにはおりません。

Rainy - 2000/10/17(火) 22:23<

個と個と孤

ふらっと立ち寄り、書き込むだけの関わりも良い。
はるばる300kmを越えての邂逅も良い。
いや...書き込みすらせず、それでも3日とおかずHPを訪れ、他者の書き込みをROMするだけですら良いのだ。
かく言うオレだって、ここ1,2週間は、ここからやや遠ざかっていた。
縁があるのなら、現実に出会うこともあるだろう。
その「縁」を生み出すことにすら、背景には個々の「意志」がある、とオレは信じてる。

おミヨさん。元気でしたか? ^^

ヤゾー - 2000/10/17(火) 14:00<

家族

僕は秘かに決めていたことがありました。
それはおミヨさんが来なくなった時には、このHPを止めて通販サイトに転進することでした。
だからおミヨさんの文章を読むとほっとします。
ここの掲示板に初めて書込みしてくれたのはおミヨさんでした。
沖縄のウチムナークさんは僕の幼馴染みなのでゲストではなかったのです。
頂いたメール読みましたが、おミヨさんの事を心配しています。
利田さんが訪ねて来て、一日共に過ごし帰って行く時に感じた寂しい感情はなんだったの
だろうと思うことがあります。もしかしたら家族のような気がしたからなのかも知れません。
おミヨさんのメールにも書いてあったように、サンカを通じて知り合った人達には
家族のような気持が生まれ初めているのかもしれませんね。

メールにも書きましたが、同じようなことをもう一度書きますね。
ラビの歌にあるように「あなたがきまぐれで たよりないのは だんだんわかってきた」
とこれは自分のことだと思っている頼り無い僕ですが、 なんでも相談して下さい。
そして、ラビのテープが欲しかったら遠慮することなく利田ヤゾウに頼んでみて下さい。
また、いろんなことを相談してみても、きっと強い味方になってくれるはずです。
本人もそのことを望んでいると思います。
「おでぇは おれたちヤカラが守ってみせる ヤゾウが守ってみせる」
と「瀬降り物語」のシーンを思い出してしまいました。

おミヨ - 2000/10/17(火) 10:56<

「月の祭り」たたかい済んで日がくれて!!

お久しぶりです。

お二人の写真拝見。
真から楽しさが伺えました。
共通の話題で話が盛り上がった事でしょうね。
共鳴、共感できる輪がだんだんと広がり濃くなってきました。

ヤゾーさん「サンカ踊り」は出来るんでしょうか?

ラビさんの歌いつの日かきっと聞ける機会があるとおもっています。
「カイゴウ」を楽しみにしているので・・・
フラッと喫茶店に出没するかもしれません
Rainyさんが過ごした一時のように・・・。

ヤゾー - 2000/10/16(月) 20:27<

利田ヤゾウの話しを聞きに行こう!

サンカファンの皆様へ!

11月3日に武蔵小金井から徒歩30分の「野川公園」で「ハラッパ祭り」へ行って、
利田ヤゾウの話を聞いてみて下さい。無茶苦茶面白いです。

白百合女子大学出身の彼女が出来て、会社の先輩共々飲みに行った時の話は傑作でした。(謎)
Seburiさん、Rainyさんも行って写真撮ってアップして下さい。

seburi <http://www4.plala.or.jp/seburi/> - 2000/10/16(月) 00:49<

いいかんじですね(^O^)

利田さん、本当に熊野行って、ヤゾーさんにお会いしたんですね!
川湯気持ちよさそうですね〜僕も入りたくなりました。
ヤゾーさんと利田さんのお話を読んで
なんだかとても微笑ましく、いい気持ちになりました。

ヤナギムシさん僕も畑山 隆則 vs 坂本 博之 戦、感動しました!

利田 - 2000/10/16(月) 00:39<

ふくろあらいのお知らせ

11月3日に武蔵小金井から徒歩30分の「野川公園」で「ハラッパ祭り」があります。
皆、テントはってオールナイトで楽しむ「ふくろあらい」のような祭りです。
ステージにラビが出るそうです。

これは、行くしかないでしょう。
とくにサンカの血を引いているあなた!

利田 - 2000/10/16(月) 00:10<

お世話になりました

「川湯温泉」は最高でした。
僕がヤゾーの立場だったら、毎日「六法」を持って通います。
2年間通えば司法試験に合格するでしょう
土曜の夜は山小屋の前の芝生でバーベキュー
1人で肉を600g位食べました。
翌日の大便の出ること、出ること
次回は、マーさんを交えて「サンカ話」で深夜まで飲みたいと思いました。

実物を見たヤゾーはseburiに顔が似てました。

*ヤゾー様
オラ、ハタムラ破りをしなかったでしょうか?
あまりにもズーズしい振る舞いで
ハタムラに触れたのではナイカと心配です
「オラ、ハタムラ破りにナリタクネー」


ヤゾー - 2000/10/15(日) 17:23<

利田ヤゾウ帰る

夕方前の飛行機で利田さんが帰って行きました。
まあさんに会えなかったのが残念そうでした。
飛行場での別れ際に、名残惜しい思いが込み上げてきました。
やはり語り明かすには短い時間でした。
それと、おミヨさんが最近、書込みしてくれないので、
とても寂しいねと、ふたりで話しました。

画像掲示板に「川湯で見付けた土左衛門」をアップしました。

まあ - 2000/10/15(日) 13:31<
私たちは、キツネにつままれてしまったのか
タヌキに化かされたのか?(ヤゾーさんに、山からついてきたんだと思う。)
あの小さな浜辺で、すれちがいながら動いていたようですね。
今時あんまりないよーな珍事件でした。
今回は、ま、そうなっていたんでしょう・・ということで次回を楽しみにしています。>利田さん
残念だけど、キツネさんには勝てません。

利田 - 2000/10/15(日) 03:05<

熊野に来たぞ

今、ヤゾーの山小屋に居ます
いごこちは最高です。
川原の温泉に入っていい気分
まーさんに会えなかったのが残念
ヤゾーはカーステレオで「瀬降り物語り」の音楽だけを抜き出したやつを
かけてくれました

浮き世離れのいい気分転換になりました

画像掲示板に「うめがいを持つサンカ」あります
皆見てね

ヤナギムシ - 2000/10/15(日) 00:37<

感動!!!

人として、感動した  

ボクシングは,野蛮なスポーツだ!が  力とちからのぶつけ合い

タイガーマスク 力石徹のようなヤツがいた。

ヤツは子供達の為、自分を支え励ましてくれる人の為にも、絶対に勝って見せると

リングに立った

チャンピオン側は華やかでこちらも負ける気などもうとうもない。

挑戦者のヤツは、人相も悪い、悪役タイプ。だがヤツの後ろにはとてつもない強い力が

後押ししていた(巨人の星の左門豊作のように)

チャンピオンのパンチで出血・・・耳からも出血!!

だがヤツは倒れない・・・打たれても打たれても前え出てくる

打たれても打たれても、倒れない 倒れない!!
最終ラウンドの前のラウンド終りのゴングでチョンピオンは

(おまえまだやるのか!)・・の念を込めてヤツの胸をこついた

その時ヤツの目は、死んでいた、自分の力以外の力でヤツは立っていた

最終ラウンド始めのゴング!!・・数十秒後チャンピオンのパンチ2発

ヤツの身体が揺らいだ・・・時間が止まる様にヤツは倒れた・・・

スローモーションの中・・タオルが投げ込まれた

勝者がベルトを受けている間も、ヤツは倒れたままだ・・・・死んだかと思った・・・

まさに死闘・・・・

私は感動せずにはいられなかった!!!

軟弱な馬鹿な若者の多い中・・・まだこんな奴がいた・・・涙涙涙・・・感動

まあ - 2000/10/14(土) 01:13<
あれ?ヤゾーさんいらしてたんですか?私、その輪の中でタイコ叩いてましたが?!
明日は正午に一度、浜に行きます。ディジュもって。
そのあとは、適当に出没予定です。みかけたら声かけて下さいね。
利田さん、それでは明日お目にかかるのを楽しみにしています!!

ヤナギムシ - 2000/10/14(土) 01:05<

面白い歌

すんまへんのブルース・・小林まり子の歌・・・!

すんまへん18歳ゆうてたん・・うそです

すんまへん、処女ゆうたんも うそです

すんまへん 子供3人いてますネン

などなど わろてしまいました   機会があれば聞いてネー

ヤゾー - 2000/10/13(金) 22:50<

月の祭りの下見に行きました

テントで寝るにせよ、いちよう下見しておこうと昼からあじろ浜へ行ってきました。
すでにたくさんの人たちが来ていて楽しい雰囲気でタイコを叩いたり踊ったりしていました。
なんだかんだで夜になるまでライブ演奏を聴いていたら、薄着で行っていたので、寒かったです。
演奏の様子は画像掲示板にて、あじろ浜の様子はトピックスにて。

利田 - 2000/10/13(金) 18:57<

南紀白浜に行きます

明日、13じ55分
南紀白浜着の飛行機でいきます。

まあ - 2000/10/13(金) 14:34<
明日、瀬降り物語をお返ししないといけないし、最後に・・・と思って、さっき、またまたビデオ観ました。
浜では祭もやっていて、はやく行きたい!!・・と思いつつ、でも、やっぱもういっぺん観よう・・と。
で、やっぱり、うるうるとカンドーしてしまって、返すのが嫌になったので、さっきダビング屋さんに預けてきました。
これで、おっけ。

利田さん、実は私もひそかに自分のことを良い人なんじゃないか???と思います。ワルモノ仕様にデキてるだけで・・。
ぜひお越し下さいな。お天気もよいし、風も気持ちいいです。満月、とことん綺麗です。
歴史民俗学18、持ってきて下さい〜!砂浜で座り込んで読ませて頂きます。
それでは、皆様気をつけてお越しください。ハタムラ破りにならないお相手も、ここ竜宮城にはたくさんいますよ。

利田 - 2000/10/13(金) 02:09<
小学生の頃、蟻地獄の主(カゲロウの幼虫)を捕まえるために、やりました。
SF映画に出てきそうな物体が奇妙に思えました。

*週末、仕事が無ければ「月の祭り」行きます。
ヤナギムシさんも来て下さい。
ヤゾーもマーも良い人に違いない。
私はアワタダシイサラリーマンのため、直前までスケジュールが立てられません。

ヤゾー様、まー様、
万が一現場で出会えたら歓迎して下さい。
出会えなかったら「来年」は是非うかがいます。
歴史民俗学18読んでね

ヤナギムシ - 2000/10/12(木) 23:12<

暇に明かして

蟻地獄・・・見た事ありますか?

すり鉢みたいな形が砂でできていた・・木の根元・・・蟻んこを、つまんで底に落とす・・

蟻は一生懸命砂の壁を登ろうとする・・・登っても登っても砂が崩れる・・

そんなガンバリもいつしか終りに近ずく・・・・穴の底から大きなくちばし

そんな恐ろしい虫が、かげろうの幼虫だなんて・・・・

成虫のかげろうを摘む・・・臭い匂いのする虫だ・・・

川に投げると、川魚が食べてしまった・・・

一番恐いのは、最初に蟻をつまんだ・・この指かもしれない!

ヤゾー - 2000/10/12(木) 21:59<

今から出掛けます

今から出掛けて、14日は「月の祭り」に参加します。
多分、今からだと山道を通って行くので、
目的地に着く2時間弱は3台も車とすれ違わないと思います。
山奥の村は夜9時をまわるとシーンと静まりかえっています。
村から村までの峠道で車が故障したら朝まで誰も通らないので寝袋は持参します。
ほんとぞ、ほんとの話しぞ。
ずーと前に峠道で変な穴にタイヤを落としてしまって、
ひとりであくる日まで、誰か通るの待っていたことがあるんだから。

Rainy - 2000/10/12(木) 00:51<

しずやしず しずのおだまき くりかえし


歴史民俗学 No.18 購入
利田サンの文章以外には、尾佐竹猛の古い文章くらいしか読み応えは感じなかった。
まぁ、「サンカ専門誌」じゃないケド、他のテーマの文章があんまり魅力無い...(苦笑)

ヤナギムシ - 2000/10/12(木) 00:28<

ナンデシカ?

犬萬の作り方・・・・みみずを壺にたくさん詰め込みます。

壺にフタをして土に口だけ出して埋める・・・・セブリ物語りの彼女を埋めるみたいに!!

4・5日したら液体になる・・・良くかき混ぜて出来あがり・・・

ワンコで試してね・・・

ヤゾー - 2000/10/11(水) 00:06<

あー残念無念

あー見たい、どんな顔してるのか見たい。(写真は見た)
しかし、こちらでは放送していないので、
どうすることもできません。

利田 - 2000/10/10(火) 18:57<

ラビガテレビニ出ます

本日、深夜2時35分〜
テレビ東京「音楽通信」に中山ラビ登場。

ラビが音楽番組に出るのは10年振り以上か?
皆で見よう。

,まあ <http://www.nnc.or.jp/~one-love/index.html> - 2000/10/10(火) 05:50<

月の祭

利田さん、リンクに祭のhpをいれておきますので、よかったらみてください。
そして都合がつけば、ぜひお越しください。
明日は、あ。今日か・・・初日で熊野聖域の入り口といわれる海南市の藤白神社で夕方、ライブがあります。
けいじゅさんも演奏されます。
14日は、たしか正午に100人ディジュっていうのがあります。砂浜で。
私もディジュリドゥもって末席?で座りこんでるハズ・・・・なので、いらしていたらお声かけて下さいね。

ヤゾー - 2000/10/10(火) 00:05<

イカ食ったら旨かった

釣った人も釣れなかった人も御苦労さんでした。
釣ってきたイカはオリーブ油にニンニクとタカノツメを入れて、
塩、コショウでソテーして食べたら結構いけました。
今度はタコを同じようにソテーして食ってやろうと目論んでいます。

「月の祭り」には14日には行く積もりでいます。

利田 - 2000/10/09(月) 20:32<
エ?
月の祭り
明日から?
今週末ではなかったの?

まあ - 2000/10/09(月) 16:39<

大雨

すんごい雨です。明日から月の祭・・・天気はどうかなぁ?
keijuさんも無事和歌浦に到着されたようですね。
ヤゾーさん、ビデオと本は何日に持って行ったらいいですか?
私は気ままに出没予定で、ずっと居るかどうかわかりませんので、ヤゾーさんが来られる日を教えて下さい。
ヤナギムシさん、田辺って紀南の田辺なのかな。だったらお近くの方なのですね。
しっかしあの雨の中、海にいた・・・とわ。やるやん。

利田 - 2000/10/09(月) 16:08<

イナダ

昨日、近所のすし屋常連さん御一行で「イナダルアー釣り」に
船長が「やった事が無い」というので客の案内で釣り場に。
<釣果>
船中9人で32匹。坊主無し。

お昼にはすし屋の主人がさばいたイナダの刺身で船上宴会。

で、そこの船宿は現在「サビキアジ」専門のため、帰港時、時を同じく帰ってきたサビキアジノ
釣り客には「クーラー満タンのイナダ」を絶対見せないようにと船長に言われたのにはまいった。

ヤナギムシ - 2000/10/09(月) 12:09<

今帰りました

雷警報、海上波ろう警報発令中・雨80%・・・予報が出てるやろ・・

釣りやめんかい・・阿保がいかなわからんと言うから・・・そうかア?・・と

阿保なみんなと車でワイワイ!!LET'S GO

田辺の海は、ドンヨリくもり、雨降ってません・・ラッキィー・・

な、ゆうたやろ・・・沖で夜釣り行けるで・・・その頃から雨がパラパラ

こんなもんやで・・・たいしたことナイナイ・・・ほな決行・・・どこがやネン

釣友8時までに54CMコロ2尾GET・私はぼうずのまま、12時過ぎ海がうねりだしましたがな!!

ああ、荷物が!!流される!!うわーどしゃぶりや!! うわー雷や!!

どひゃあ! 落雷や!もう立つてられへんアーーーこわ・・・

阿保たちは、その後朝6時まで強風と大雨、雷の中灯台の前で呆然と立ち尽くしていたのでした

この阿保、なおらんやろねえー・・お粗末



seburi <http://WWW4.plala.or.jp/seburi/> - 2000/10/09(月) 00:21<

今日釣りに行ってきました!

実は、僕も今日釣りに行ってきました。朝7時に印刷屋さんの人と横浜で待ち合わせして
ファミリー釣り場のいそご釣り公園にいってきました。アイナメ狙いだったんですが
一匹もつれませんでした。しかし久々におもいっきり投げたんで気持ち良かったです。
午後からは、生まれて2回目のゴルフの打ちっぱなしに行き、今日はへとへとになりました。
たった一人の人間スナフキンは、なぜムーミン谷に訪れたのでしょうか?
人間の世界でのスナフキンは、どんな人なんでしょうか?
精神的には「鳥の歌」のサクさんみたいな人かな?

最近ちょっと公私共に、悩みが多いです。自分を見つめなおす時期なのかも…

ヤゾー - 2000/10/08(日) 15:26<

帰ってきました

帰って来たのは午前三時過ぎでした。

Rainyさん、こんにちは。

利田さん、ヤナギムシさんも釣りに行ってるんですね。
帰ってきたら何を釣ったか教えて下さい。僕のは最新情報に載っけました。

ヤナギムシさん、例の女性に話しを聞けたんですね。
こりゃ、面白い話が期待できそうです。
みんな注目していると思います。

早速、歴史民俗学18号を注文します!

Rainy - 2000/10/08(日) 01:37<

うーーーん

奇遇でもなんでもないけど、釣りには行きません。
今宵も此処にいます。

田舎の行李の中にウメガイがあって、おじいさんの代にイツキになった、って.......(汗)

あっさり書いてるけど、これってスゴイ内容じゃありません???

ヤナギムシ - 2000/10/08(日) 01:30<

釣りに行きます

奇遇でもなんでもないけど、釣りに行きます。

田辺の夜釣りです・・・タマミ・コロチャンまっててね。

美味しいえさあげますよ。

ナンデシカ・・・今日あの人に会いました。

田舎の行李のなかに確かウメガイありますよ・・との事

おじいさんの代にイツキになったとの事

おじいさんは、お金にはふじゅうせず、いつもどこからか?工面していて

家を建てるときでさえ気にしてなかったとの事です。

利田 - 2000/10/07(土) 23:32<

釣りに行って来ます

奇遇にも、僕も釣りに行きます。
近所の寿司屋の常連さんご一行で仕立て船で
イナダ、イシモチ狙い。

<緊急速報>
歴史民俗学18が発売されました。
面白い!!
サンカファン必見
宮崎ナントカのインタビュー記事は、インタビュアーが素人丸出しで面白くない。
質問項目が最悪。
でも、野中広務の出自が書いてあったりしてそれなりに読める。

ヤゾー - 2000/10/07(土) 14:20<

今から釣りに行ってきます

今朝の4時過ぎまでRainyさんとチャットをしてしまった。
それなのに7時に釣りバカに電話で起こされてしまう。
「何時ころ向かえに行こかー」「昼過ぎにして」とガチャンと僕は再び眠りについた。
昼前に起きて、日課の栗拾いをしてからポストを覗きに行くと利田さんからの資料が届いていた。
少し読んでみるが、こりゃ面白そうである。一緒に行く地元の野生の人が津波きえへんかなぁー、
などと嫌なことを言う。津波に流されては資料が読めなくなるので、どんなことをしてでも
戻ってこなければならない。てなことで明日の夜中まで海で過ごします。
ヤナギムシさん、がんばって風の王国読んでね。
まあさん、僕の少年の頃の夢はスナフキンになることでした。
おミヨさん、Seburiさん元気にしていますか?

Rainy - 2000/10/07(土) 04:16<

無題

長いこととっておいたはずの「瀬振り物語」のパンフが無い.......(涙)
こないだ押し入れを引っ掻き回して探したのに...
捨てたワケないんだがなぁ

ヤナギムシ - 2000/10/07(土) 01:00<

ごそごそ

まあさん・・セブリ物語は東映ビデオでしたかね?もう何年も前に見たので忘れてます

でも内容は、今でも覚えてますよ・・瀬降り場の前に風葬の籠のようなものなかったかな?

もう一度みたいなと思ってビデオ屋に行ったけどすでになし!

見たくなると、見たい虫がごそごそ動きます

・・風の王国が届き読み始めましたが、すこし老眼・・・こら時間かかりそう・・

加藤文太郎に憧れた頃、かけ抜けるように山を歩いた昔が懐かしい

静寂の中に動がある・・強さのなかに優しさがある・・自然の中に知恵がある・・・

なんちゃって・・ネ

まあ - 2000/10/07(土) 00:25<
瀬降り物語の音楽、とてもいいですね。今日もほとんど一日中、頭の中まわってます。
お返しするまでに10回はみれないと思いますが、まだまだみますよ。(今度は最初からきちんと座ってみます。)
スナフキンお好きですか?私、彼はめちゃくちゃ好きな人です。
おさびし山を想う時、私は独特のモード になります。ん・・・。
子供の時にムーミンをみたのは、よかったのか悪かったのか・・・。
いまだに私はあの世界をひきずり、自分のベースにしてしまっていて、ええんかこれで??と、思ったりもします。

ヤゾー - 2000/10/06(金) 23:05<
>こんないい映画が日本にもあったのですね〜!
そう云って貰えると嬉しいです。貸したはいいが、観ないで失っちゃう奴もいるんですから(−−#)
さりげなくシャレてますね。それともただ酔っぱらっていただけ?< mailto:瀬降り物語
利田さんからの素敵な資料が届いていないかと楽しみに帰ってきたのに、
何故か届いていたのは、現代書館からの「三角寛サンカ選集」(全7巻)のカタログでした。
僕が瀬降り物語のビデオを買った当時、カセットテープに音楽をダビングしてカーステで
よく聴いていました。それで、いつのまにかギターで弾けるようになっていたので、
焚火をした時など、瀬降り物語の音楽とスナフキンのおさびし山が十八番になりました。

利田 - 2000/10/06(金) 02:53<
アマーイ。
10回以上みてね。
徴兵検査を逃れて河原に向かう次郎が川で「ズッコーン」と転んで山高帽子を流すシーンもしびれます。
「ヤゾーはヤゾーぞな」のセリフもぐっと来ます。

すいません、毎日の事ですが酔ってます。

まあ - 2000/10/06(金) 02:15<

瀬降り物語!

2回目を今、みおわりましたっ。こんないい映画が日本にもあったのですね〜!素晴らしい。
ショーケン、なんてカッコいいんでしょう!なんと男っぽい!ワイルドでセクシー。
竹を肩に担いで川を渡りながら、振り返る時のあの目っ!!息止まりました。
ソファーに寝そべって観ていた私も、思わずお腹に力が入って くの字 になってました。
河野美地子より、そりゃ藤田弓子でしょう。あの迫力のある色気。
ヤゾーでさえ、その気になってしまうわけですから!!
「最後のサンカ面談記録」も読ませてもらいました。それもすごいですね〜。なんだかドラマみたい・・。

ヤゾー - 2000/10/06(金) 01:56<

おらハタムラ破りになりたくねー

以前、僕が野鳥のヤマガラと戯れているのを見て知人が言いました。
野鳥をもダマす希代の詐欺師か、よほど純真な心の持ち主なんだろうと。
あははは、旨く言うもんだと感心してしまいました。
多分、どちらも当たっているのでしょう。
人を傷つけることは好きではないので、暴力的犯罪は犯さなかったとは思いますが、
ペテン師として、犯罪者には充分なっていたかもしれません。
しかし、僕の人生に強く影響を与えたものに、サンカの生き方と共に、
映画「ブラザーサン・シスタームーン」の聖フランチェスコがあります。
自分で言うのもなんですが、十代半ばでドロップアウトして、
ロクでもない奴でしたが、二十代になり精神世界に目覚め、
サンカの気高い生き方にも憧れるようになってからは、結構マトモだったりします。
ですから僕にはハタムラ破りはできそうにないのれす。
でも良く考えてみたら今でもロクなもんではありませんでした。

ラミ犬 <http://bakkers.gr.jp/lami/> - 2000/10/05(木) 09:14<

もののけと遊ぶ庭

利田さん、中山ラビのテープありがとうございました。
メールが使えないということでしたので、ちょっとヘンですが、こちらに書きこみします。
ぼくの中山ラビページは公式ではないといえ、さすがに海賊テープのやりとり記録は
残せませんので、あちらではお返事ができません。

入っていた曲のうち、「会えば最高」に入ってそうな感じの曲がよかったです。
あと、ラビはアレンジをよく変えますね。当時のバンドがグルーブ感ないんで、いま
ならもっと面白いことができるかも??とか次のライブに期待してます。

ところで、サンカについては、はい。知ってます。
そういう方面に興味のおありの方は、ぼくがもうひとつHPをやっているバンド
「ソウル・フラワー・ユニオン」のファーストとセカンドあたりをぜひぜひ聞いてください。
タイトルは「カムイ・イピリマ」と「ワタツミ・ヤマツミ」です。
あるいは彼らが神戸周辺の震災被災地でやっているチンドン隊「ソウルフラワー・
モノノケ・サミット」も強力におすすめします。

利田 - 2000/10/05(木) 02:31<

人妻でもいいじゃん

まあさんへ
どっちかというと「最後のサンカ面談記録」の方が力作です。

ヤゾー&霊にーさんへ
人妻だろうと独身だろうと魅力的な人にひかれるのは
当たり前でしょう。
相手の女性を戸籍上で差別するのは「サンカマニア」失格。

今日、ヤゾーに素敵な資料を郵送しました。
首をキリンの様に長くして待っていて下さい。
1週間は暇潰しできますよ。

まあ - 2000/10/05(木) 01:52<

ヤゾーさんへ

ヤゾーさん、今日はどうもありがとうございました。
私の知らない世界のお話ばかりで、やっぱり、す、すんごい方なのだわ・・・。とカンドーいたしました。師と仰ぐ。
しかし、あの古本屋さんの常連さんだったとは・・・う〜ん。世間って狭い。
利田さんの、「サンカの足跡をたずねて」は早速読ませていただきました。面白いですね!写真もリアル〜。
ビデオは明日観ます。早く観たいのだけれど・・今宵は睡魔に勝てそうもないなぁ。
それではまた、古本屋さんに来たら呼んで下さいね。はやければ5分で行ける距離です。
あのお店にたむろしている妙に怪しいオッチャンたちも好きです。
それから、今時、イノシシとタヌキに囲まれてる暮らしの方が、貴重でしょ?(^^)v

Rainy - 2000/10/05(木) 00:17<

にゅーす二三(謎)

そりゃ、もちろん「やぞう」でしょう(爆)<男児
しかし、「ささら」と「愛子&夢子」の間の落差が...(汗)

きょーび既婚であろうが、ネット上で自称「おばさん」だろーが、実年齢がいくつだろーが、そんな些末なコトで恋心を萎えさせてはいけません。
ホレてしまえば、すべては超越されるのです。

うーーー、そろそろ「かくれさと苦界行」が読みたい...

ヤゾー - 2000/10/04(水) 21:38<

今日の出来事

知人の古本屋でまあさんと待ち合わせて「瀬降り物語」と「歴史民俗学」を手渡した。
そこで椅子を持ち出してきて2時間ほど話をしただろうか。
まあさんは実年齢よりずーと若く見えたし、とてもスピリチュアルで素敵な女性でした。
僕は久しぶりに異性を意識して声が上ずってしまったではないか(笑)
しかし、まあさんは奥さんであった(泣)
利田さん、あなたのまわりには女性が沢山いそうですが、
僕のまわりにはタヌキやイノシシばかりです・・・(-_-;)

利田 - 2000/10/04(水) 02:41<

ササラ

<嫁さん募集中>

子供(女)の名前にササラと付けても良い人。ササラは竹カンムリに彫刻の彫の字です。

将来、子供ができた時は絶対「ササラ」と言う名前をつけます。

万が一双子だったら「愛子」と「夢子」です。

「ササラ」と「ウメコ」と言うのも良いけれど、「何でそう言う名前にしたの?」と聞かれた場合、説明するのが大変。
で、男の子だったらどんな名前が良いのカナ?

以上、独り言でした。

ヤゾー - 2000/10/03(火) 23:53<

閑人

ビデオを探しに実家へ帰りました。
それで二三日山小屋を留守にします。
「馬鹿が戦車でやって来る」のパッケージを
デジカメで撮り画像掲示板へアップしました。
ホコリを一杯吸って口の中が苦いです。

まあ - 2000/10/03(火) 00:30<

ひまつぶし

私の友人の娘(小学生)が申しますには、人生とはパック旅行のようなもの・・・なのだそうです。
友人が「そんな、最初から全部決まってるなんて考えたらおもしろないやろ?」と、つっこんだところ、
オプションつきなので、所々で選択、付加できるパック旅行だと言ったそうです。
うなってしまった。子供は侮れません。悟ってるやん・・・。
私は人生は、あの世?からの期間限定無料体験コースで、ちょっと色々体験しにきてるだけ。すぐ帰るし・・。
と思います。へん?
とにかく私も、おトクなパック旅行を楽しみます。考えてみれば、別に人生に目的もなし。
ヒマつぶし?そうかも。結構、貪欲なヒマつぶし。

ヤゾー - 2000/10/03(火) 00:03<

閑居山人

Rainyさん、おかえりなさい。何処へ行ってたんですか。

ヤナギムシさん、マタタビの虫に寄生された果実は薬効が高いというので
探すんですけど、あまり生えていませんね。

利田さん、飯尾氏の論文とやらを、とても楽しみに待ってます。

Rainy - 2000/10/02(月) 21:39<

悟れねぇ〜っ!!

スチャダラの唄に「ヒマのすすめ」とか言うのがあった。
現代人はヒマであることの不安を覆い隠すために、「忙しそう」に装う、とか言った、初期の彼らのウィットに富んだ唄ではあったのだが...。
けど、オレはまだ、「人生ひまつぶし」とは悟れないでウロウロしている。

利田 - 2000/10/02(月) 00:05<

人生是飛沫武士

>今日の夜中2時過ぎまでヤナギムシさんとチャットをしていたら、釣りバカがびしょ濡れで、泊めてくれと言って訪ねて来たので泊めて、
昼過ぎに温泉へ入ってから帰りたいと言うので、湯の峯温泉まで行くと、本宮大社に詣ったことがないと言うのでお参りしたら、
爽やかな風に誘われるまま十津川の湯泉地温泉まで行ってきました。
>
私が望むのは
上記のヨウナ生活
気の向くままに自然の恩得を受け
気の向くままに時をつぶす

私事ですが、3年程前にふと気付いた事があります。それは
「人生暇潰し」です。
大臣、博士は別として、私のような一般凡人が「人生とは何ぞや」と考えたときに、結論として「暇潰し」に
たどり着きました。
そう考えると日々のわずらわしさから開放されます。

ニュースステーションのディレクターをやっていて、次々に新しいニュースが入って来て、バタバタバタバタした1日が終わると「この仕事、暇潰しとしては最高だな」と思う時もあります。

ヤナギムシ - 2000/10/01(日) 23:42<

マタタビの話し

マタタビ食べた事ありますか?

ウエーまずー あんまり美味しくないですね!

旅人が,食べ物が無く飢えていた時、これを食べ又旅が出来た・・・あのマタタビです

面白い遊び・・そのマタタビを干して焼いて見ますと・・・・答えをカキコしてね!

PART 2・・・イヌマンて知りませんか

みんな子供の頃の遊びですが・・・!!

今の子供達かわいそー

すこし酒・・さめました(グレー)反省・・

ヤゾー - 2000/10/01(日) 23:39<

ちょっとそこまでが

今日の夜中2時過ぎまでヤナギムシさんとチャットをしていたら、
釣りバカがびしょ濡れで、泊めてくれと言って訪ねて来たので泊めて、
昼過ぎに温泉へ入ってから帰りたいと言うので、湯の峯温泉まで行くと、
本宮大社に詣ったことがないと言うのでお参りしたら、
爽やかな風に誘われるまま十津川の湯泉地温泉まで行ってきました。
途中、懐かしい校舎があったのでひと休みして写真を撮りました。
その様子は最新情報にて、校舎の写真は画像掲示板にて。

ヤナギムシ - 2000/10/01(日) 21:53<

アオーオ アオオー

今 狼の声をTVで聞いた!! アオーワオオー

釣りに行ってきました  ワオオーワオオー

みなさんも、たくさん書き込みをしてください!

私は1日に、3度このHP覗き虫してます

私の勝手ですが、このHP好きデース

だいぶ今飲んでマーす

れろれろでーす

堅い話もいいけど  軽いはなしも,いいんでないかえ  ふーー

がしらの煮付け  うまい グレの塩焼きサイコー  ウメー

酒は土佐鶴 ワインはチリのコンチャロイトロ   ・・ケケケケケ・・・

こんなふざけたヤナギムシでした・・

ふぁ婁翰 - 2000/09/30(土) 14:06<

かごめカゴメ


昔々の、日テレの「TVムック」じゃなかったかな。
児玉清が案内役で、学研ムー読者好みの題材を取り上げた番組だったと思う。
この番組ではカゴメマークをジュー絡み、地理的背景から徳川埋蔵金の2点を
物語りしてた。お粗末。

それが終わってちょっとしてから、明石散人が監修で同じような内容の
ものをやってたな。トドマツ。

ヤナギムシ - 2000/09/30(土) 00:37<

柿の種

赤とんぼ、赤とんぼの手足を取ったら柿の種、

三木露風だったかな?昔の人は、みんな苦労の多い人が多いですね

四畳半、ふすまの裏張りでしたか野坂のおっさんの本・・・発禁になったのわ

むかし、アサヒグラフや毎日グラフで日本の軍隊の検閲写真をみた。子供の時の


印象は、鮮烈でいまでも目に焼き付いている。

あれも発禁本なのかも!!

ヤゾー - 2000/09/30(土) 00:06<

僕が聞いた「カゴメの歌」の話しは?

僕が聞いた「かごめの歌」に秘められた話はこうでした。
「かごめ」は籠目のことで、籠の編み目が三角形を逆さにして重ねた形、
つまりダビデの星の模様になることから、ユダヤを意味し、「籠の中の鳥」は、
失われたアーク(お神輿のようなもので、天使(鳥)が前後についている)のことで、
「夜明けの晩に」というのは不思議な言い方で、新時代の直前という意味があり、
「鶴と亀がすべった」は、四国の剣山に鶴岩と亀岩があり、地震かなにかで、
その岩が崩れ落ちた時に失われたアークが発見されて、「後ろの正面だあれ」は、
ユダヤの失われた部族の正体が判るといったものでした。
そして、四国の剣山には失われたアークが埋まっているとの伝説があり、
何人かが調査したが、何かの力に妨害されたとのおまけ話しまでついていました。
いろんなこと考える人がいるもんですね。

おミヨ - 2000/09/29(金) 19:11<

無題

「放送禁止歌」の本は立ち読みでいいのではないかとおもいます。

遊郭に売られて行く歌は「赤トンボ」です。

keiju <http://www.geocities.co.jp/Hollywood/7353/> - 2000/09/29(金) 14:30<

カゴメの歌

それは僕は遊郭に売られた女性の歌だと聞いた事がありますが
何とも摩訶不思議な歌ですよねえ。何か凄い濃い日本のアングラな色をこの曲から感じます。
すごいはかないある意味鬱屈とした感情をこの曲から感じるのですが。とても好きな曲ですがねもちろん。

seburi <http://www4.plala.or.jp/seburi/> - 2000/09/29(金) 01:21<

見ました

たまたまTVつけたらやってました。一番最初から見てなかったんですが
かごめの謎をいろんな角度からつきつめていってました。
ケッチャップのカゴメ、安倍晴明、埋蔵金…。
あるお寺(神社?)の彫刻に籠の中に鳥が入っているものがあり、
その籠の一部に鳥が逃げれるような穴があってその不可思議から始まるんですが…
ちょっと残念な結果になります。
確かあのワクは、再放送しそうなんで結末を書かないほうがいいですかね…

Rainy - 2000/09/29(金) 00:43<

実は...

その「かごめかごめ」についてのドキュメントがフジ・サンケイ系列で9月のアタマに放映されたのです。気づいたのが数日後で見逃してしまい、すごく残念だったのですが、「でんでら〜」のコトを想い出したのは、間違えなくそれがきっかけなんです。
その番組のプロデューサーが、以前カキコした「放送禁止歌」のディレクターと同一人物だったんでまたビックリ。どうやら、オレの興味をそそるよーな番組ばかり創るヒトのようです(笑)。

ところで、おミヨさん、本の「放送禁止歌」は如何ですか?読む価値あり??

ヤナギムシ - 2000/09/29(金) 00:10<

トニー谷

レディー&ジェントルマン&おとっちゃんにおかっちゃん

ソロバンをジャラジャラいわせて、アベック歌合戦・・・貴方のお名前なんてーの

とか・・ざんす ざんす さいざんす ばっか(馬鹿)じゃなかろっか!

しぇー赤塚不二夫のイヤミは、トニー谷がモデルなんざんすか?

ツイストのリズムも懐かしいザンス・・・・・うううんさみしい・・財津さんもゲストです

ヤナギムシ - 2000/09/28(木) 23:42<

昔の歌

カゴメ、カゴメかごのなかのとりは・・・・の歌

徳川の埋蔵金の隠し場所の歌とか?聞いた事あります!

カゴメはケチャップメーカーのマークの事、日光東照宮の中には、鳥、鶴や亀にまつわる

建物や建造物もあるとか?

古代文字や大阪の澪つくしのマークにもわたしは、興味を感ぜずにはいられません。

カゴメはマークの読みがカゴメだから社名があるのです

また梵字にもなんらかの興味を覚えます

seburi - 2000/09/28(木) 23:36<

ひとりごと

僕は、「馬鹿シリーズ」ぜんぜん見たことないのですが
レンタルビデオ屋で、「馬鹿がタンクに乗ってやってくる」はなんか気になってました。
ハナ肇のなんかまぶしそうな顔が…
男はつらいよシリーズはたぶんほとんど見ているんですが、最後の何本かのみつおの青春編的なものは
ちょっといただけなかったです…
記憶がある最初に映画館に親父につれられ見た映画は、ドリフの映画でした。
2本立てで、もう一本はなべおさみと都蝶々が出ていて、なべおさみが指をつめて痛がっている
シーンと実は都蝶々が実の母親ではないかという終り方でした。←なんでしょうこの映画は?
中学生ぐらいのときは、JACの映画やドラマにハマってました。
中でも「忍者武芸帖 百地三太夫」が大好きです。
真田広之さんには、もう一度アクションものをやってもらいたいと
ひそかに期待しています。(^-^; すいません、低レベルな話で

Rainy - 2000/09/28(木) 23:00<

ほんまかいなっ(爆)

<デンデラ
トイレ待ちかぁ...(苦笑)なるほど...
思うわけないじゃないですか(笑)<イヤなやつ
でも「トイレ待ち」説は巷間に広まってからの「後付け」的な意味のように感じてならない。
根拠はなんもありまへん(笑)

<トニー谷
子息の誘拐事件以後、その笑いのパワーも世間の人気も落ちてしまった、と言うハナシは何か哀しい。
後年、何かのバラエティで引っ張り出されたその姿は、全盛期の「ニッケアベック歌合戦」を観ているものにとっては、わびしいものだった。
トニー谷ってヒトも、どこか「常民」らしくないですね。

週末はチト留守にする予定です。
みなさまつつがなく...


おミヨ - 2000/09/28(木) 20:05<

馬鹿シリーズ

ヤゾーさんこんにちわ
ヤゾーさんの書きこみ見て思い出しました。
ハナ肇と賠償千恵子主演で、スジも何処で見たかも覚えていないのですが、一つの場面だけ
記憶があります。雪山で遭難したのか?小さな袋から氷砂糖と勘違いして口に入れ、それが
石だったのであわてて吐き出している場面で、そばに賠償知恵子もいました。馬鹿シリーズか
どうかわかりませんが、何故かそこだけ覚えているのか不思議。
なんだか、ふわぁーとした暖かいユーモラスな映画だったような・・・。

ヤゾー - 2000/09/28(木) 18:09<

馬鹿シリーズ

おミヨさん、お久しぶりです。
僕も小学生の頃から、土曜日といえば早く帰ってきて
昼食を食べながら吉本新喜劇を観ていましたよ。
その頃のスターは確か、岡八郎、船場太郎、平三平、花木京、だったように思います。
玉ねぎの祟りで髪が薄くなっていた室田信男って面白い人もいたし伴大吾って太った人もいた。
それから遊びに行きたいのを我慢して藤山寛美の松竹新喜劇もよく観ました。
だからコテコテの関西お笑いが染み込んでいるのですが、馬鹿シリーズは面白いです。
ただ面白いのではなくて、なんていうかメルヘンの世界なんですね。
主人公の設定が流れ者であったり、捨て子だったり、村八分であったりとするんですけど、
その主人公がメルヘンチックな住民を振り回したあげく、なにか不思議な世界を残して去っていくんです。
一度深夜放送で観たのがあるんですけど、いかにもメルヘンな長家に酒を飲んでは大暴れするのがいて
(いかりや長介が演じていた )そいつが死んでお通夜の時に戦友だという流れ者(ハナ肇)がやってきて、
同じように酒飲んで大暴れして遺骨をすり鉢で粉にして酒に混ぜて長家の皆に無理矢理飲ませてしまうんです。
あくる朝になって長家の皆が腹を壊して便所に走るんですけど便所が一つしかないからさあ大変。
確か、谷啓や倍賞千恵子も出演していたように思います。もう一度観たいなぁ。
馬鹿がタンク、馬鹿まるだし、なつかしいやつ、はビデオがあるので観たい人がいればお貸ししますよ。

おミヨ - 2000/09/28(木) 17:16<

放送禁止歌

五木の子守唄 (居付きサンカの子守唄)

「オドマ勧進、勧進あんひとたちゃーよかしゅう」
九州の山地を中心とする一帯が、かってのサンカの王国だったわけですね。五木の子守唄の中の
「勧進」というのは、乞食と一版に解釈されているけど、かっては山奥から出稼ぎに来る子守りは、多くがサンカ族だった時代があるといいます。よく働くし、賃金も安くていい、いうことで・・・(五木)
「オドマぼんぎり、ぼんぎり・・・・」
五箇庄等のように、五のつくのはシノガラの居付地で、サンカの間では「五は、六を一つ切る
数で六月は盆である」と言う意味合いから、「盆切り」というサンカの隠語・・・・(矢切)

おミヨ - 2000/09/28(木) 13:09<

秋の日の一日

藤山寛美大ファン「あほシリーズ」収集たい。

吉本興業大ファン
やすしが居ないのが淋しい。
今、面白いのは、さんまとしんすけ。
お笑いは、やっぱり関西。

映画「ゆきゆきて神軍」の奥崎健三は最高におもしろい。
原一男・疾走プロダクション・・・ん!?疾走?と反応してしまう私です。

岡林信康の手紙にも反応してしまい、岡林のCDと放送禁止歌の本買ってしまいました。
〆て1800円+3990円で、えーと5790円・・・まぁいいっかッ。

利田 - 2000/09/28(木) 02:17<

トニー谷病

>題名は忘れましたが 何本か映画観たことがあります。

羨ましいことこの上ない!!
村松硯見の、トニー谷の本読んでから「トニー谷の映画見たい」病に苦しんでいます。
この病気の怖いところは、
有効な治療方法がない事です。
日々悶々と過ごして一生を終えかねない恐ろしい病気です。
誰か助けて下さい。

ヤゾー - 2000/09/28(木) 00:11<

あなたのお名前なんちゅうの?

>「馬鹿がタンクに乗ってやってくる 」「馬鹿まるだし」「なつかしいやつ」

三本とも監督 山田洋次 主演 ハナ肇 です。
馬鹿シリーズで後何本か無茶苦茶面白いのがあるのですが、
題名が分かりません。僕が教えて欲しいくらいです。
トニー谷ですか、うーん渋いとこつきますね。
題名は忘れましたが 何本か映画観たことがあります。
トニー谷、タダモノではないですね。

>でんでら ヤナギムシさん、面白いです。

ヤナギムシ - 2000/09/27(水) 23:55<

暇に明かして

>でんでら
デンデラリュバ、デテクルバッテン、デンデラリュバデテコンケン、
コンコラレンケンコラレラレンケン、コンコンの意

うちの嫁は、トイレに入っている人に

でますか?どうなのでるんですか?と聞いてるのに
出てこないので、でるんかいな?と聞くと返事がない
はよでてーなと思いつつ
ドアをコンコン・・・・の意との事

ほんまかいな?

何も感じるとこおませんな
RAINYさんすんません、いやなやちゃな おもわんといてな  

利田 - 2000/09/27(水) 23:54<

トニー谷

>「馬鹿がタンクに乗ってやってくる 」「馬鹿まるだし」「なつかしいやつ」

って、誰の作品ですか?主演俳優とか監督とか分かりますか?
あと、「トニー谷」のビデオをなんとしても見たいのですが、ご存知の方教えてください。

トニー谷が全盛の頃は「瀬降リサンカ」も何万人もいたんでしょうね。

利田 - 2000/09/27(水) 23:50<

中山ラビライブ情報

10月7日 京都 都雅都雅 19時〜
問い合わせ 075−222−1574

10月9日 新宿シアターサンモール 17時〜
問い合わせ 03−3200−4830

12月1日 吉祥寺スターパインズカフェ
問い合わせ 042−323−4400(ほんやら洞)
詳細未定


10月11日 六本木スイート・ベジル 20時〜
問い合わせ 5474−0139

ヤゾー <http://www.kumanolife.com/Topics/1.5.html> - 2000/09/27(水) 00:19<

釣りですか !

普段は磯の1・5号にハリスは2号を使ってのふかせ釣りです。
カゴ釣りは3号の竿にハリスは3号から5号を使っています。
イセエビが釣れた磯は魚が濃そうでした。
磯の名前は確か大崎っていう名前だったと思います。
後、伊古木の小石の鼻っていう上にリンクしてある写真に写っている磯も結構釣れますよ。
今、30センチ以上のイサキが釣れているようです。

ヤナギムシ - 2000/09/27(水) 00:07<

釣りの件

ヤゾーさん釣りの時えらいええ目におうてはるみたいですけど、ロッドは何号ですか
ハリス、道糸は何号ですか?ホームグランドはどこなんですか?

そんなええ目に合いたいわ!いやほんま

ヤナギムシ - 2000/09/26(火) 23:56<

丹波路

丹波篠山に行ってきました。
丹波は、ナデシの故郷、街並みを楽しんだり歴史を感じたり、
天気は晴天秋風は、心地好くすすきの穂をなでていました
武家屋敷のとうりに図書館があり郷土の本もたくさんありました
黒豆、マッタケもたくさんありました マンジュシャゲも沢山咲いてました

金持ちのわたしは松茸には、目もくれず黒豆の枝豆をひと房買い求めました
松茸は香りだけしっかり嗅いで来ました

たまには風に触れないと野生をわすれてしまいますね


まあさんまいど・・です今後ともよろしく  

ヤゾー - 2000/09/26(火) 23:22<

メジャーになれなかった理由

>ちびリますのん?

僕はずっとチビリぱっなしです。
「瀬降り物語」は一般的にはマイナーかも知れませんが、
中島貞夫監督が20年間も企画を暖め、
主演を演じるショーケンも積極的に映画と関わっていて、映画の内容や出来からしても、
封切り当時は話題作としてメジャーとなるはずの映画だったと思います。
しかし、何故かメジャーになれなかった。(メジャーにしたくない力が働いた?)
それと日本映画やアジア映画にいいのが沢山あるのに、(昔の日本の映画って面白いのが沢山あるよ)
観る人が少ないからビデオ屋さんに置いてないのかも知れませんね。
「馬鹿がタンクに乗ってやってくる 」「馬鹿まるだし」「なつかしいやつ」なんて傑作です。

まあ - 2000/09/26(火) 19:48<

ちびりますん?

>メジャーですよ。

利田さんのお言葉に、ムム??と、思って今日、もう一件レンタルビデオショップに行きました。また玉砕。
でも私もそのタイトルだけは、知ってたんですけど???おかしいなぁ〜・・。
和歌山が田舎だからでしょうね。
ヤゾーさん、祭までにビデオを見つけることができたら言いますね。
もし、みつけられなかったら、貸して下さいな。
ヤゾーさんが祭の間ずっと、こちらにいらっしゃるのなら、その間に観てお返しできると思います。
もし、お帰りになるまでに観れなかったら責任持って送らせていただきます。よろしくお願いします。

>これを見ないとダメヨ。

はいっ!

利田 - 2000/09/26(火) 00:39<

瀬降リ物語

メジャーですよ。
中山ラビも何回も見て感動した、ッテ言っているんですから。
これを見ないとダメヨ。
主演の河原美智子に首っ丈になる事請け合い。
「ヤゾーはヤゾーぞな!」「早くおらをここから出せ!」にはちびりますな。

まあ - 2000/09/25(月) 19:07<

続:瀬降り物語

Rainyさん

>あんまりメジャーなビデオじゃないでしょうからね<瀬降物語

そうみたいですね。店員さんに何度もタイトルを聞き返されました。
怪しいビデオだと思ってるんとちゃうん?違うんだからねっ。(たぶん)・・と、目で訴えた私なのでした。

ヤゾーさん

>月の祭りの際にお貸ししましょうか。

ご親切にありがとうございます!嬉しいです。
お言葉に甘えさせてもらっていいでしょうか?楽しみがまた増えました。

ヤゾー - 2000/09/25(月) 01:05<

ウメガイと瀬降り物語

ウメガイを知っているということはサンカかそれに近い人なんでしょうね。
続きの話を楽しみにしています。

「瀬降り物語」なかったですか。
「瀬降り物語」のビデオ、2本持っていたのですが、
一本トモダチに貸したら、そのまま何処かへいちゃって一本しか持ってないのですが、
月の祭りの際にお貸ししましょうか。

Rainy - 2000/09/25(月) 00:54<

おやすみの前に....

>ヤナギムシさん
すごく興味深いハナシですねぇ
追伸お待ちしてます ^^

>まあサン
あんまりメジャーなビデオじゃないでしょうからね<瀬降物語
制作会社調べて在庫在るか聞いてみるか、ココで持ってるヒトにダビングしてもらうか..
(著作権は...ちと目ぇつぶっておいて・笑)

まあ - 2000/09/24(日) 23:29<

あれま

シンクロしたら、おんなじ色になるのですね・・・って・・ヤナギムシさん、こんばんわ。(^^)

まあ - 2000/09/24(日) 23:27<

瀬降り物語

ビデオがない〜!みつけられない。
近くの、レンタルビデオのお店をハシゴしましたがありましぇん。(涙)

ヤナギムシ - 2000/09/24(日) 23:27<

ナンデシカ?

ふとした事から話が弾み九州生まれの人と
わらじ作りと竹細工の話になった
わたしがウメガイなんか知ってると聞くと
みんな使っていたトの事


ほんならテンジンは、と聞くとそんなんは知らんとの事
もちろんウメガイは両羽であることも確認した

また少しずつその人話したいと思いますのでわたしの知る限り
の知識で確認します

ヤゾー - 2000/09/24(日) 23:06<

たしかに凄い

言葉が生きているというか、
言葉に力があるというか、
なんか秘められていそうな感じがしますね。
それにしても変な歌ですね。

「でんでらるーばー」も凄いけど「歴史と現代 '80夏号」を
手に入れたのはもっと凄い。

Rainy - 2000/09/24(日) 23:03<

歴史と現代 '80夏号

...を、以前にも書いたブックスIで偶然発見、Getした。
ビニールパックされており中は見れなかったが、表紙に「犬神一族の陰謀」坂口義弘 の文字。
これだぁっ!良くあったもんだ。
...で他の記事はともかく、「犬神〜」ですが、どうやらこの号からの連載らしく(それすら書いてないが)、事件のサワリと、それを探ろうとする私立探偵の動きで終わってしまいました。
ある「自殺」事件に絡んで、その裏を探るために、某銀行会長の出自を調べるうちに、色々な謎が....これから出てくる、ってカンジです。その会長の実家は山梨県、南ア登山口近くの辺ぴな村、って想定でした。
最初にヤゾーさんがこれを紹介した時に、著者名でネットで検索したところ、経済関係の本をいくつか出している同姓同名のヒトがいました。まだ文筆で喰っていける前の、ライター的なシゴトなのかな、なんて思ってます。
ちなみに、この号では白土三平の「絵」は影も形もありませんでした。(笑)
それにしても、この続きは、一体どうすれば読めるのだろう??(苦笑)

Rainy - 2000/09/24(日) 02:53<

でんでら

でんでらるーばー でてくるばってん
でんでられんけん でーてこんけん
こんけられんけん こられられんけん
こーんこん

こんな奇妙な歌詞(?)の、意味不明の戯れ唄を聴いたコトありませんか?
10歳くらいのトキ、隣の同い年のオンナの子に教わったのを急に想い出した
その後、なんかの本で、この唄のコトを読んだ記憶があるのだが
どーゆー内容だったかは不思議と覚えていない
なんか...カンじるものがあるのだが...

利田 - 2000/09/24(日) 02:00<

サカー、中田

中田が蹴る前の冷めた顔。
「ハズス」と思った人も多いのでは?

残念!!
だけど、「スカーッ」とするようなシュートが、予選を通じて無かったのが残念。

ヤゾー - 2000/09/24(日) 00:03<

いや〜惜しい試合でしたね!

しかし惜しい試合でしたね。
昨日の柔道といい、審判のさじ加減でどうにでもなるんだって嫌な気分になりました。
それにしてもサッカーの選手って元気な人達ですねぇ。

>担い手の後ろにパトロンと呼ばれるべき存在が不可欠だと感じます。

文化はパトロンが作るなんて言いますが、そのパトロンが同じ出自の者を世に出すこと
なんてよくある話しだったりします。

>イセエビの釣り方教えて下さい!!

イセエビの釣り方ですが、僕は一度も釣ったことがないので分かりませんが、
たぶん狙って釣れるものではないように思います。
タコも狙って釣れたことは少ないです。
昔、磯でのチヌ釣り名人と言われていたおじいさんから、
「刺し餌が上からぶら下がっている状態ではスレたチヌは絶対に食わない、
ウキ下を底に這う位にして、餌が底にある状態か下から浮いた状態の時に一番食ってくる」
と聞いて、そのようにしてからチヌも良く釣れましたし、またタコが釣れることも多かったです。

>たのしいあそびをやらないか(謎)

「たのしい遊びをやらないか」についてはのちほど・・・?
誰か時間を決めて下さい(謎)

seburi <http://www4.plala.or.jp/seburi/> - 2000/09/23(土) 23:02<

いや〜行きたかった!!

利田さん、僕もお話にくわわりたかった。残念です('〜`;)
おじゃまかもしれませんが…
今日は、オリンピックのサッカーも負けてしまって、落ち込んでます。
でも、よくやったと思ってます!
僕も草サッカーチームに入っているんで、サッカーはメチャクチャ思い入れがありました。
PuPuさんメールありがとうございます。アメリカから応援していたと思いますが、本当に残念でしたね。
ヤゾーさん、メールありがとうございます。「書」は好きです。
自分ではやらないんですが、やりたいと思ってます。
仕事柄、文字の形や文字間、行間など敏感に反応します。HTMLでは、まだまだ難しいですが…
「鳥の歌」の鳥形文字で、ワクワクしました。自分でも作りたいと思ったくらいです。

利田 - 2000/09/23(土) 22:13<

やらないか?

>行動力と言い、タイミングと言い、縁の創りかたと言い..(笑)
 職業柄、思い立ったらイッキです!
>ところで、数段下の「呼びかけ」は、めーるでなくBBSに書いたと言うコトでは、ヤゾーさんひとりに向けたものでないと解釈して良いのですか??
いずれ計画の詳細を知りたいです.

湯西川温泉のことですか?
是非、一緒に行きましょう。
「やらないか」はラビ本人も大好きな歌だそうです。

ちなみにラビさんのお勧めというかお気に入りのアルバムは「ひらひら」と「MUZAN」と言ってました。


Rainy - 2000/09/23(土) 02:38<

たのしいあそびをやらないか(謎)

さすがっすねぇ ^^ 利田サン
行動力と言い、タイミングと言い、縁の創りかたと言い..(笑)
しかし、カウンターでラビと語らったトキの、利田サンのしあわせそーな顔が目に浮かぶ...
(お顔は知らないが・爆)

ところで、数段下の「呼びかけ」は、めーるでなくBBSに書いたと言うコトでは、ヤゾーさんひとりに向けたものでないと解釈して良いのですか??
いずれ計画の詳細を知りたいです

利田 - 2000/09/23(土) 02:15<

ラビは「サンカ」を知っていた。

イセエビの釣り方教えて下さい!!

今日、1人で「ほんやら洞」に行ってきました。
ラビが厨房にいました。
ラビの手作りのカレーライスを食べれただけでも幸せなのですが、
さらなる幸せが!
カウンター席でラビと色々お話が出来ました。
で、「サンカって知ってる?」と話を向けると
何と!結構詳しく知っていたんです。
「瀬降り物語」も何回も見ているようで、
ラビは最後の目を切るシーンを一生懸命話してくれました。

サンカに戸籍が無いことも、竹細工やってた事も知っていました。
以前の彼氏もサンカマニアだったそうで、家に「自在鍵」が有るそうです。
このHPの話しをすると「ライブの宣伝しといてね」とのことです。
ライブ情報は改めて書きます。

ラビはイイ女でした。
ケラケラ、ケラケラ良く笑う。
自分の言ったことに自分で受けて大笑いしてました。

と言う訳で、「ほんやら洞」に行った事のない人は、是非のそいてください。
つたのからまる館です。

落ち着きますよ。

ヤゾー - 2000/09/23(土) 00:50<

今帰りました

ふー、疲れた。
今日の釣りは切られまくった。
たぶんカンパチ?が廻ってきているのだと思う。
一投目でハゲが釣れたので磯で刺身にして食べる。
日が暮れてからは数時間おきに何かが掛かるが強烈に沖に走られてしまい
持ってる道具では話にならなかった。
それでも最後に釣り馬鹿のトモダチがイセエビの大きいのを釣る。
イセエビが釣れることは知っていたが、見たのは始めてでした。
今日は疲れたので明日ページにします。
とりあえずイセエビの写真を画像掲示板にアップしました。

PuPu - 2000/09/22(金) 15:58<

ありがとうございました。

利田さん、はじめまして。ヤゾーさんこんにちは。
僕の質問に答えていただいてありがとうございました。
被差別部落の出の芸能人の質問ですが、興味本位のですぎた、質問をしてしまい、
後悔しています。気をつけます。

>排他的でない縄文の流れを汲む先住民の集団が、
>渡来人や帰化人の文化の担い手であり、かつ政治的、軍事的敗者と融合し、また包容し、
>新たに独自の文化の担い手になったのではないかと思うのです。

なるほど、とも思うのですが、やっぱりしっくりきません。
やはり、政治的強者は、排他的である前に、
渡来文化を利用しようとした場合が多いのではないのですか? 
文化の発展には、ほとんどの場合、僕としても不本意ですが、
担い手の後ろにパトロンと呼ばれるべき存在が不可欠だと感じます。

でも、そうすると、今の日本の表の文化(特に音楽)のパトロンは、中、高生
ということになっちゃうのかなぁ。
個人的には、もっと、日本太鼓、アフリカンやラテンパーカッション
のブームが伸びてくれることを期待していますが。
観客と演奏者との垣根が、低くなって、皆が本当に一体となって楽しむ、
全員参加型の音楽形態が僕の、将来の発展した音楽文化の理想です。
発展というか、回帰でしょうか。真ん中の大きな火を囲んで、みんなで歌い踊る、
そんなイメージ。

それと、僕はどうしても、サンカ、縄文の民が外来の影響の前に有していたであろう
独自の音楽文化に思いを馳せてしまいます。
サンカの笛の音、聞いてみたいなぁ。

ヤゾー - 2000/09/22(金) 13:52<

釣りに行ってきます

釣り馬鹿が誘いに来たので、今から釣りに行ってきます。

利田 - 2000/09/22(金) 03:24<

サンカを求めて旅をしよう

>利田さんが言うとリアリティがあるもんなぁー・・・(-_-;)

ヤゾー様有難うございます

商売柄、言いたくても言えないことがたくさんあります。
この「言えない」という規制は、自分個人の問題ではないく
「商売柄」です。商売の上で得た情報ですから。

<本題>
栃木県、湯西川温泉の近くに「サンカ」の手がかりがありそうです。
この冬に温泉入るついでに行く予定です。
一緒に行きませんか?

まあ - 2000/09/21(木) 20:56<

皆様へ

雑感のページ、読ませていただきました。私って、本当に、この国のことなんにも知らないのだ・・・と痛感します。
こちらのbbsでの皆さんの書き込みを読ませてもらっていても、はじめて聞くことばかりです。
あまりにも、無知&無学ゆえに、悲しいかなレスさえつけれないのですが、毎日興味深く読ませて頂いていますので、これからも色々教えて下さい。面白いです。

ヤゾーさん、月の祭には、私も行きます。お目にかかれるのを楽しみにしています。次の満月ですね!

ヤゾー - 2000/09/21(木) 17:49<

リアリティ

利田さんが言うとリアリティがあるもんなぁー・・・(-_-;)

>先祖がサンカだったというのと、被差別部落の出というのは根本的な違いがあります。
>後者は戸籍上差別されていた人ですが、サンカには戸籍がなかった。

サンカの人達の方がより重要なものを継承していたことは間違いないでしょうね。

ヤゾー - 2000/09/21(木) 17:31<

昔のことは分からないけど

>音楽は特に昔から外来の影響の方が強いもんだと思っていましたから

音楽だけでなく殆どの文化が大陸の影響があって開化したのは事実だと思います。
大陸の影響というより渡来人、帰化人が担い手であったのかも知れません。
しかし、この国の独自の文化となると、ベースとなったものがあるはずだと思うのです。
歴史は軍事的、政治的勝者によって作られ、軍事的、政治的敗者はやがて宗教、芸術、経済
で勝者となるといった言葉があります。排他的でない縄文の流れを汲む先住民の集団が、
渡来人や帰化人の文化の担い手であり、かつ政治的、軍事的敗者と融合し、また包容し、
新たに独自の文化の担い手になったのではないかと思うのです。
それと雅楽とまでは書いてないのですが、雅楽にもやはり独自の感性はながれていると思います。

>被差別民から出た、国民的スターの名前は、書けませんか?

本人が隠している限り、また本人達にタブーとしてマイナス面がある限り、
公なところでは言うべきではないと思っています。(某掲示板では頻繁にありますが)
本当は、堂々と自らの出自を誇り、かつ融合した状態が理想なんですけど。

利田 - 2000/09/21(木) 16:25<

大スター

>被差別民から出た、国民的スターの名前は、書けませんか?

レコード大賞を取ったmさん。
天皇から勲章をもらった俳優のt
その他色々いますが、おそらく本人が公表をいやがるでしょう。

先祖がサンカだったというのと、被差別部落の出というのは根本的な違いがあります。
後者は戸籍上差別されていた人ですが、サンカには戸籍がなかった。





PuPu - 2000/09/21(木) 12:25<

ヤゾーさんありがとう!

ヤゾーさん、僕のささいな質問にページまで作ってもらって、ありがとうごさいました。感謝。
日本独自の文化は縄文人の精神から、ですか。日本の伝統音楽がそのままサンカの音楽
であるという考え方。思ってもみませんでしたので、驚きました。音楽は特に昔から外来の影響の方が強いもんだと思っていましたから。

歌舞伎はなんとなく分かるとしても、雅楽や能がどのようにサンカとつながっているのか、
もう少し聞かせてもらえませんか?
あと、被差別民から出た、国民的スターの名前は、書けませんか?

ゆっくり、お返事待ってます。



Rainy - 2000/09/21(木) 01:13<

あたらくしあ

1通のメールが、1行のログが、心を癒してくれることが、確かにあります。
俺がここに来るのは、「サンカ」を通じて、「現在」のあなたたちと触れ合えるからです。

感謝してます。

ヤゾー <http://www.kumanolife.com/guestbook/spare.html> - 2000/09/20(水) 21:27<
PuPuさんの答えを書いていたら長文になりましたので、
ページとして答えさせて頂きます。上のリンクからお願いします。

利田さんの言うように「サンカ関連書籍リスト」を作ってみましたが、どんなもんでしょうか?
「川にそって」「人は少しづつ変る」届きました。ありがとうございました。
リストの作成には皆様の強力が必要です。よい本がありましたたら教えて下さい。

まあさんも「月の祭り」には行かれるのですか?

Rainyさんが思いやりのある優しい方だということは充分感じています。
しょうもないケンカなどで傷付いたりしたら嫌です。

利田 - 2000/09/20(水) 15:15<

お願い

色々な人の「お勧め本」が
この掲示板に多数登場しています。

ヤゾーさん。
「サンカ関連書籍リスト」なんていうの作ってくれたら、嬉しい。

「川にそって」「人は少しづつ変る」届きましたか?

PuPu - 2000/09/20(水) 05:40<

サンカの人達と音楽

皆さん、はじめまして、PuPuと申します。
いきなり、質問なんですが、
サンカの人達は独自の音楽文化も持っていたのでしょうか?
在るとすれば、どういったものだったのでしょうか。
アイヌの楽器を一度聞いたことがありますが、
それと共通点などがありはしないでしょうか。

とても興味があります。どなたか御存じないですか?

Rainy - 2000/09/20(水) 01:52<

縁(=シンクロ)

縁とは「運命」であると同時に、個々の「意志」の結果でもあると、オレは思っています。
東京は広し、されど八王子は狭し(笑)。
今は母や兄が住んでいる、と言うだけのこの土地も、探れば色々と面白そうな地ではあるんですけどね。

閑話休題
「バス停」に残る地名って、結構好きです。
住居表示ではどんどん消えていく字名や、人々に口伝えで残ってきた地名が、結構残ってます。
くだんの八王子の母の住居の近くでも、「鍛冶屋敷」「宮ノ前」「石神前」...なんかステキな響きの名前が沢山あるでしょ?(笑)

Rainy - 2000/09/20(水) 01:39<

つれづれ

過去の掲示板が移動された直後って、なんとなく寂しいものだ。
延々と続けるわけには行かないし、完全に消えて無くなるのではなく、
別のトコロにちゃんと保存されてるのはわかってはいるのだが、
数日前のログが、ちょっと下見てもそこにないことのさみしさ....

曼珠沙華、キレイですね。発色のせいかな?思ったより毒々しい紅ではない。
あの毒々しいまでの色合いが、実は好きではあるんですケドね。

おミヨさんの読書欲と知識欲、それをすぐに書き込んでくれる意欲、には頭が下がります。
あなたの書き込みが、確実に他の人のログの呼び水になっています。
さりげに「ヤナギムシ」の語意をホノめかしてくれるトコロなんざぁ憎い(笑)

祇園の犬神人のコトが書いてあったような気がして、先日読んだばかりの「花と火の帝」をまた拾い読みし始めたら、ハマってしまい、上巻読み切ってしまった(苦笑)。
八瀬童子の異端児「岩助」と、真田忍者の猿飛佐助、霧隠才蔵、そして、これまた異端の修験者を父に持つ朝比奈兵左衛門の4人が集まった「組」。「山の民」の生き様を彷彿とさせる、隆慶一郎氏の筆はになるこの小説は、飽きることをさせない。

帰りの電車でケンカをしかけた。
お互い一言もコトバを発せず、手も出してはいないが、しばし睨みあっていた。
ささいな事が原因で、オレも大人気ないのも分かってはいる。
1ヶ月ほど前の朝にも、似たようなことがあったっけ...。
たいした理由も無く、隣に居るヒトを「憎」めてしまう満員の通勤電車。
こんなものに耐えるコトも、そろそろ限界なのかも知れない。


まあ - 2000/09/20(水) 01:17<

ヤゾーさんへ

>「犬神一族の陰謀」って本は出てないんです。

あ、そうでしたか。
わかりました。ありがとうございます。

ヤゾー - 2000/09/20(水) 00:58<

言うの忘れてました

「犬神一族の陰謀」って本は出てないんです。
『歴史と現代』(歴史と現代社発行/新國民社発売)に連載されていただけのようです。

管理人ヤゾー - 2000/09/20(水) 00:03<

今までの投稿は過去の掲示板へ移動しました

秋の風に誘われて、ぶらり山を一回りしたら曼珠沙華が咲いていました。
画像掲示板に写真をアップしました。
>おミヨさん
>すみません3回もカキコしてしまいました。
もっともっと書いて下さいませ。


[過去ログ インデックス]  [KumanolifeGuestbookへ戻る]



当サイトが使用しているレンタルサーバーです!信頼性が高いです!


12488126545465