ヤマガラのヒナの巣立ちの様子


ヤマガラのヒナ  

巣箱から顔をだすヒナ鳥


お昼前に巣箱を覗いたら6羽いたヒナが3羽しかいなくて、どうしたのだろうと心配になってその辺を探していたら巣箱の真下の地面 でピーピーなくヒナを1羽見つけた。あれっ、さっきはいなかったのにと思い、思案したあげく、あまりにも頼りなさげなので巣箱に戻すことにした。すると巣箱には2羽しかなくて巣箱の下で見つけたヒナは残っていた3羽のうちの1羽が巣立とうとして地面 に落ちたことが分った。地面で見つけたヒナを巣箱に戻してからしばらくすると親鳥が現れて、巣箱の廻りや地面 を点検するように飛び回ってから巣箱の近くでヒナを呼ぶように鳴き始めた。その声を聞いてヒナが1羽ずつ巣箱から飛び立ち親鳥に誘導 されて3羽とも小屋の裏山に消えていった。

  巣立とうとするヒナ


問題はそこからであった。昼過ぎにロフトで電話をしていたら、どこからかヒナがロフトの窓めがけて飛んできて網戸にぶつかって下に落ちてしまった。慌てて電話を切ってヒナが怪我をしていないかみて、とりあえず部屋の中に入れて様子をみた。たぶんそのヒナは僕が巣箱を覗いている時にピーちゃんと声をかけると1羽だけピーと鳴いて反応したヒナではないかと思う。もしかしたら電話で話す声に反応して飛んできたのかも知れない。どうやら怪我もなく大丈夫そうなのだが、このまま山に放そうか、それとも飼ってあげた方がヒナの為なのだろうかと散々思案したあげく再び巣箱に戻すことにした。巣箱に戻してからしばらく気になってどうするのか見てると、やはり巣立って行きたいのか、巣箱を飛びだして裏山の方へ飛んでいった。

飛び立とうとするヒナ鳥   かわいいヒナ鳥

飛んでいったのは良いものの、小鳥の好きな僕はなんだか情が移ってしまい気になってしょうがない。無事に育ってくれるのだろうかとか、蛇やカラス、ことによってはタヌキが食べてしまわないだろうかと心配で目が離せなかった。こういうのもバードウォッチングというのだろうか?しばらくハラハラしながら見ていると親鳥がそのヒナに餌をあげて、やはり鳴きながら誘導して山の中に消えていった。現実は6羽のヒナのうち無事に育ってくれるのは3羽もいないのかも知れない。無事に育ってまた会えることを心から祈った。 今でもこのヒナは飼ってあげた方が良かったのではと切ない思いがする。

【ヤマガラの営巣】 【巣箱の中のヒナ】 【成長したヤマガラの雛】 【ヤマガラの子育ての様子】




Click Here!


6754898