埼玉県最後の箕作り職人


 


蜜柑さんが、埼玉県最後の箕作り職人さんに会いに行ったときの写真です。その職人さんの家を訪ねたときに、奥さんに御主人はいらっしゃいますかと訊ねたら、下で箕を作っていると言われ、畑の方へ行ったらビニールハウスの中で箕を作っていたそうです。箕を作っている風景を始めて見て興奮し、夢中でシャッターを切ったそうです。

 

写真の中で作っている箕は、飾り物用の箕だそうで、蜜柑さんはお土産に一つ買ってきたそうです。写 真と共に、埼玉県最後の箕作りというビデオを送って頂きましたが、山での材料の採取から箕が出来上がるまでのすべての行程が記録されており、箕作りが如何に自然と共にある作業かを思い知りました。 写真の箕は桜箕といい、桜の皮を中心にミツマタ、藤の繊維を上手く使い、篠竹で編み込んでおり、天然素材だけを使った見事な芸術品であると思いました。






6819983